文字や言葉のこと

画像

写真は「ロゼッタストーン」
古代エジプト文字の解読の切っ掛けとなった石です。
現在、大英博物館所蔵となっています。


今日は、文字や言葉についての話。
私は、いつもパソコンやスマホに頼りっぱなしなので、言葉の使い方も漢字の書き方もいい加減になってしまいました。ここらで少し勉強をし直さなくっちゃ。

誤って使われている言葉

なしくずし(済し崩し)

借金を少しずつ返却すること。仏事を少しずつすましてゆくこと。

なかったことにする。

うがった見方(穿った見方)

物事の本質を捉えようと鋭い視点で見る。

疑って掛かるような見方をする。

知恵熱

乳児にみられる原因のわからない発熱

深く考えたり頭を使った後の発熱
    
憮然

失望してぼんやりするさま、

腹を立てている様子

鳥肌が立つ

寒さや恐怖などによって、皮膚に鳥肌があらわれる。

「名演奏に鳥肌が立つ」のように深い感動の表現として使われる。

独擅場(どくだんじょう)
独擅場(どくせんじょう)の「」を「」と誤って生じた語
      

若者には、もはや意味不明となった言葉
アベック
衣紋掛
つっかけ
おみおつけ
一張羅


若者が使う言葉
フッ軽=フットワークが軽い
エモい=エモーショナル


言葉の由来
土壇場=斬罪の刑場。しおきば。

角界=中国の格闘技に「角力」というものがあり、慣用的に日本の相撲が「角力」と書いて「すもう」と呼ばれるようになった。

梨園=唐の玄宗の初年、芸人たちを梨が植えられている庭園に集め、芸を磨いたことに始まる。

漢字の読み方(これ何度覚えてもまた忘れます)
問題
昵懇、忸怩、喫緊、慚愧、就中、忖度、吝か、序に、微塵も、些か、徐に、唆す、弁える、螺子、繙く、動もすると、設える、謙る、退っ引きならない、偏に、草臥れる、杓文字、杜撰、予て、阿る、慮る、斥ける、孑孑、蝶番、素見、玉蜀黍、詳らか、烏滸がましい、約しい、信天翁、悴む、芥子粒、嗜める
回答
じっこん、じくじ、きっきん、ざんき、なかんずく、そんたく、やぶさか、ついでに、みじんも、いささか、おもむろに、そそのかす、わきまえる、ねじ、ひもとく、ややもすると、しつらえる、へりくだる、のっぴきならない、ひとえに、くたびれる、しゃもじ、ずさん、かねて、おもねる、おもんばかる、しりぞける、ぼうふら、ちょうつがい、ひやかし、とうもろこし、つまびらか、おこがましい、つましい、あほうどり、かじかむ、けしつぶ、たしなめる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
付録
画像

ロゼッタストーンは、1799年ナポレオンのエジプト遠征の折に発見されました。
ロゼッタストーンに刻まれた古代エジプト文字を解読したのは、フランス人のシャンポリオンという人でした。

ロゼッタストーンには、神聖文字(ヒエログリフ)、民衆文字(デモティック)、ギリシャ文字、の3つの文字が刻まれていました。このうち神聖文字は、碑文・墓室・石棺などに刻む文字で、民衆文字はパピルスに書かれる文字です。

それまで誰も解読出来なかったものを、解読出来た理由は、
ロゼッタストーンに刻まれた3種の文字は同じ内容である
文字の中で楕円の枠で囲まれた文字は王の名前を示す
ヒエログリフは表意文字としてだけでなく表音文字としても使用される。
という3点の推理が的中したからで、ギリシャ文字との比較から1822年に解読に成功しています。
これによって他のエジプト語の文書も続々と翻訳が可能になったそうです。

画像

我が家の薔薇も、そろそろ終わりです。
画像

関係ないけど、昼は冷麺でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年05月29日 21:24
日本語は難しいですね~^^;
言葉の使い方...半分は誤った使い方してました^^;
漢字も三分の一程度しか読めませんでした^^;
勉強し直さないといけませんね!
薔薇^^大輪ですね(^_-)-☆
2019年05月29日 22:06
コメント有難うございました。
日本語は、本当に難しいですよね。
言葉の使い方は、殆どの人が間違えていると思います。
て言うか、間違いが本当になりかけていますね。
パソコンを使っていると、極く簡単な漢字でも全く書けなくなりました。人間は機械に頼り過ぎると脳が退化するみたいです。また学び直さなきゃいけません。
薔薇も暑さで草臥れて、ヘロヘロの状態になりかけています。
2019年05月30日 05:23
 神代文字とか解読不能な文章など、いろいろ興味深い言葉がいろいろありますね。いにしえには言葉には魂が宿る、などともされていたものですから、一語話すにも神経をつかったのでしょうが、今は雑な使い方も多くされていますね。
 いろいろ学び直すのも意義あることでしょう。
2019年05月30日 09:35
そうですよね。言霊という言葉もありますが、昔は意思の疎通を和歌でやったりしたし、ゆったり雅な時間が流れていたんでしょうね。今は、世知辛くなって手紙も書かず全てメールで済ませてます。省略したり崩したり、段々と雑になったのだと思います。若い世代だと更に違ってくるんでしょうね。
2019年06月04日 00:05
「ロゼッタストーン」懐かしいですね~!
世界史で出て来たのでしたか?
言葉は生き物ですから、ドンドン変化していきますね!
以前とは全く逆の意味になったり・・・
曰く『みんなで間違えれば怖くない!』
2019年06月04日 08:53
そうですね。言葉は『みんなで間違えれば怖くない!』ってところがありますね。
今や、間違っている方が正しいみたいになっている場合もありますね。
「ドクダンジョウ」なんて普通に使っていますし、「ぜ~んぜん、大丈夫ですよ!」とか言いますね。「なし崩しにするつもりだろ!」とかね。
言葉は生き物ですね。