シクラメンのかほり

佳小掠.jpg

私は、ドライブする時には、小椋佳のCDを聴きながら運転することが、多いです。その中でも好きな曲と言えば、何と言っても「シクラメンのかほり」が、一番でしょう。

兎に角、レコード発売以来、賞という賞を総なめにした曲でしたからね。
この曲は、布施明が歌って大ヒットしたわけですが。

絶唱型の布施明もいいですが、私は小椋佳が自ら歌う「シクラメンのかほり」が好きですねえ。声が柔らかいし深みがある。

考えてみると小椋佳という人は、才能が溢れているんですねえ。
東大の法学部を出て、大銀行のエリートコースを歩む。その傍ら何曲も何曲も作詞・作曲を手掛け、名曲を世に出している。
銀行員1本、あるいは歌1本の道に全力投球しても実らない人が殆どなんですから、この才能は羨ましい限りです。

天は二物を与えず」なんて言いますが、ありゃ怪しいもんですね。
小汚い食堂で「きつねうどん」食べてる人も居れば、フランス料理食べながら高価なワインを飲んでいる人もいる。それが現実なんですからね。

ところで。
この「シクラメンのかほり」という曲を小椋佳自身が、あまり気に行っていないというのは、意外に知られていないかも知れない。
小椋佳の言によれば、あの歌詞はいろんな言葉を借りて繋ぎ合わせた〝まがい物″であって内心忸怩たるものがあるそうだ。

北原白秋の詩集から「清しい」という言葉をパクリ、プレスリーの「朝に見るマリーほど美しいものはない(「Mary In Tthe Morning」)」から、「・・・ものはない」をパクリ、繋ぎ合わせたのが、あの歌詞らしい。

気に入らず、長くお蔵入りしていた曲が、突然に一世風靡したもんだから、出て来ざるを得なかった。そういう事のようだ。

彼が言うには、紫色のシクラメンは無いし、シクラメンに香りはない。
それなのに敢えて「薄紫のシクラメンほど」と言い、「シクラメンのかほりむなしく揺れて」と言っているのは、「これは偽物ですよ」と歌詞の中で白状して、自分なりに若干の後ろめたさを償っているのだそうだ。(司馬遼太郎が、龍馬を竜馬に変えてフィクションだと暗に言っているようなものかな・・・)

本人はそう言いますけど、やっぱりこの歌は、名曲に違いないですよね。
私は、俳句を少しだけ齧っていますけど、やはり数十年生きて来れば、どうしてもこれまでに読んだ本や映画、歌、短歌、俳句などに何らかの形で影響を受けるのは仕方がない。やはり突き詰めれば、ある部分はどうしても借り物になっていると思うんです。

あまり拘らなくていいんじゃないですかね。これからもドライブしながら聞きたいですよ。小椋佳を。

ついでながら俳句的には、「かほり」は「かをり」が正しい。「かほり」というのは、小椋佳さんの奥さんの名前(佳穂里)との掛詞だそうです。こんな所にも彼らしい知的な〝遊び"があって面白いですねえ。

この記事へのコメント

2019年07月16日 10:28
こんにちは。

小椋佳さんですか。
いいですね。
私も1枚だけですがCD持ってます。
トトパパさんへ/としさん
2019年07月16日 11:59
トトパパさんもCD持ってるんですか。
いいですよね。
声がいいし、癒されます。
以前に病気されたようですけど、今も活躍中ですね。
2019年07月16日 18:22
こんばんは。私は布施明のシクラメンのかおりが印象にあります。当時そんなことは知らなかったのですが、最近ききました。でもその作詞の作り方は当時としては新しかったのではありませんか。曲はとても良いと思います。


2019年07月16日 18:34
なかなか良い曲ですよね。
布施明でも、小椋佳でも、歌手のことは、好みですからね。

最初は、変な歌詞だなあと思っていたのですが、よく見ると味わいのある歌詞に見えてきました。
やはり、大流行する曲というのは、その時代時代に感覚的に受け入れられる要素を持っているんでしょうね。
2019年07月17日 08:41
小椋佳さんの曲、いいですね。
昭和の歌は名曲揃いですね。
限られた日本語の中で、言葉をつなげて
歌詞を作るわけですから、どの言葉と
言葉をつなげるかは、その人のセンスだと
思います。そんな意味で小椋さんは
素晴らしいセンスの持ち主だという事ですね。
2019年07月17日 08:51
そうですね。やはりセンスですよね。
歌詞をよく読んでみると、理屈ではなく感覚的に、響いてくるものがあるように思います。
無造作に並べた単語のようでいて、誰にも真似できないセンスを感じます。
こういうのが、才能なのでしょう。
昭和の歌には、名曲が沢山ありますね。
今の若い人の歌っている歌には、どうもついていけなくなりました。


2019年07月17日 09:34
こんにちわ~
シクラメンのかほり、良い歌ですよね
奥さんの名前(佳穂里)だったんですか。
この歌は本人は気に入らなかった。
私は良い歌だと思っていつも聞いています

2019年07月17日 09:50
コメント
ありがとうございます
嬉しかったです
「シクラメンのかほり」
私は布施明さんが印象にあります
繋ぎ合わせた歌詞なんですか
繋ぎ合わせても素晴らしい歌詞
これも才能なんでしょうね
小椋佳さんは深みがあり
素晴らしいと思います
2019年07月17日 10:51
こちら梅雨明けは、まだだと思いますが、ここ2~3日は、日が差す時間帯があって、とても暑いです。
しかし、頑張って男性用日傘を差してウォーキングやっています。
梅雨明け後の猛暑も心配ですが、ジメジメした梅雨は、もう勘弁といったところです。
minaさん検診の結果を、早く見てスッキリしたいでしょうね。
それまで、ドックで頂いた「お食事券」で美味しいもの食べて気分転換して下さいね。
「シクラメンのかほり」は、いい曲ですよね。私もそう思って聞いています。

2019年07月17日 10:57
小椋佳さんは、本当に才能あふれる方だと思います。
借り物の言葉をつなぎ合わせたとしても、誰もあのような曲は作れませんからね。
声が柔らかくて深みがりますね。
一時病気をされましたが、見事に復活されました。応援したいです。

ジュンさんのブログを拝見しました。
なかなかの人気ブログですね。
今後も立ち寄らせていただきます。
パパイアや、柿が、この夏大きく成長すればいいですね。




2019年07月17日 23:04
「シクラメンのかほり」好きな歌の一つですが
歌詞に そんな 色々なエピソードがあったなんて
知りませんでした。
私は 歌詞より 曲の感じで 好き嫌いが決まります。
小椋佳さんの 気取らない 優しい歌声がいいですね。
だいすきです。
2019年07月18日 08:09
小椋佳、ずいぶん昔ですが、テレビで人となりをドキュメンタリー風に報道していたのを観ました。そんな程度の知識しか持ち合わせていませんが、ブログを読ませていただき、歌の解釈、楽しく読ませていただきました。

ところで、私は、子供が小さいころ、PTA雑誌に生き物の童話を書くグループに入れられたことがあります。年間2,3回書いていましたが、表現のいくつかパクリとまではいきませんが、作家の真似事的な表現をいくつかしたことを思い出しています。県単位のPTA雑誌でしたので、クレームがつくようなことはありませんでした。ブログとは関係ないことを書いてしまいました。
2019年07月18日 13:43
歌詞と曲だと、私も曲が覚えやすいとか、サビの部分がいいとか、先ずは曲で好き嫌いが決まりますね。
あと歌声は大切ですね。
小椋佳さんは、あまりキバラないで、柔らかい声なので、とても聴きやすいし癒されます。
そして、よく見ると歌詞もいいんですよ。
私なんかだと、とても思いつかないような言葉を連ねて、曲の雰囲気を作っています。
やはり才能なんですね。

2019年07月18日 13:52
PTA雑誌に生き物の童話を書いておられたのですか。
やはり物を書く場合に、まったくのゼロから書いたつもりでも、過去に読んだ物語、映画、ドラマ、詩・・・等々、どこか頭の隅に残っており、それが断片的な表現に出てしまうことはあると思います。
それは程度問題であって、自分なりの付加価値が付いていればよいのではないかと私は思っています。
小椋佳さんは、それを気にしておられたようですが、やはり「シクラメンのかほり」は、よい曲だと思います。
堂々と胸張ってよい曲だと思います。
2019年07月21日 00:14
「シクラメンのかおり」の歌詞は、最も意味不明な歌の一つ・・・と言われているようですね?
まぁ、歌詞は他の歌でも(なんのこっちゃ?)と思うようなのがたくさんありますから・・・ネ!?
最近の歌は何と歌っているのか聴き取れない曲も多いです!
え?・・・それは私の歳のせい?(^o^;;;
2019年07月21日 11:19

昔は、作詞なんて簡単だろうぐらいに思っていましたが、なかなか難しいものですね。
当たり前のことを書いても、誰も感動してくれない。
論理的でなくて、むしろ詩的な文章がいいんでしょうね。
それにしても、最近の曲というのは、それこそ何言ってるのか聴き取りすら出来ない。
やっぱ、歳のせいでしょ。