フォーク「神田川」のこと

かぐや姫.jpg


先日、「シクラメンのかほり」の事を書いたので、今日は70年代フォークの代表作「神田川」の話です。


この曲は、作詞家・喜多條忠(きたじょうまこと)の実体験をモチーフにしたもので、1973年に発売されると、空前の大ヒットとなり、最終的には200万枚以上は売り上げただろうと言われています。


たまに「四畳半フォーク」と揶揄されることもありますが、当時20才台の人達の間で幅広く支持されたことは間違いありません。


若者の刹那的純愛を綴ったこの曲を聞くと、暗いけど、一途に、青く、貧しく、甘酸っぱい雰囲気が、ひしひしと伝わって来ます。


当時、20才代で、この曲を好んで聞いた人達は、今や60才台になっているでしょう。

今も、時折テレビのナツメロとして流れてくるたびに、当時を思い出してジーンと胸を熱くしている人達が、多いのではないでしょうか。


調べてみると「神田川」が生まれた時の様子は、次のようなものだったそうです。



当時、放送作家をしていた喜多條忠へ南こうせつから「作詞をして欲しい。急ぐから今晩中に作って!」という電話がかかってきた。


「今晩中とはまたご無体な!」とは思ったが、仕方なく自分自身の学生時代のほろ苦い想い出を、30分ほどで新聞のチラシの裏に書き留め、公衆電話へ走って、電話で読み上げた。


すると電話を受けた南こうせつは、電話を受けながら、その場でメロディーが出来てしまった。


「まあ、この曲は、この歌詞を待っていたんですね。出会うべくして出会ったて事でしょう」とは、南こうせつの言。


この曲が発表されるや深夜放送で、リクエストが殺到。

1973年9月にシングル盤が発売されると、いきなり160万枚という爆発的な大ヒットとなった。


因みに、1番の歌詞の「いつも私が待たされる」という歌詞は、いつも喜多條が銭湯にいた鯉を眺めていたので、いつも相手の女性を待たせてしまった。


2番の「24色のクレパス買って」という歌詞については、

クレパスが商標なので、NHKからクレヨンに変えるように言われて、その年の紅白歌合戦出場を辞退した。


また当時は48色も50色もあったが、身の丈に合った24色にした。

(明日香村のクレパス展に、その旨の喜多條忠氏の手紙が展示されていた)


当時、この曲は一世を風靡し、1974年には、草刈正雄、関根恵子主演で映画化までされている。地方のファンは、神田川ってどんな素敵な川だろうと見に上京して幻滅、落胆して帰った人も多かったとか。


兎に角、当時の実際の神田川は生活排水で汚れに汚れ、悪臭漂うドブ川だったから。

最も、今は水質が極端に改善して鯉やフナも生息できるようになっていることは、付記しておく必要があるだろうが。


神田川は、井の頭池から都内を流れて隅田川へ合流する川で、中野区・末広橋近くの公園には、「神田川」の歌碑があるらしい。


ただ実際の舞台となった場所は、もっと下流の豊島区・戸田平橋付近で、


三畳一間の小さな下宿」は、豊島区高田3-7-17「千登世旅館」の隣あたり。


二人で行った横丁の風呂屋」は、

新宿区西早稲田3-1―3にあった「安兵衛湯」(既に廃業)だったそうだ。

きっと昔、堀部安兵衛が、高田馬場で仇討の助太刀をしたあたりと思われる。


思えば70年代というのは、フォークソング大流行の時代であった。

学生運動に明け暮れた抵抗の時代が過ぎ、虚脱感というか、世の中全体に目標を失った退廃的雰囲気が溢れ、「四畳半ブーム」やら、上村一夫の「同棲時代」なんて漫画が売れてもいた時代だ。


そんな時代背景が、眞にこのフォーク「神田川」を求めていたとも言えるだろう。



ずっと以前から疑問に思っている事が1つあります。

1番、2番の歌詞に出て来る「ただ貴方の優しさが怖かった」というのは、どういう気持ちなのでしょうか?

未だに分からないのですが。


私は、幸か不幸か「同棲」の経験がなく、平平凡凡の人生を歩んでここまで来てしまいましたが、若く青い頃に、「ちっとは無茶をしておいても良かったなあ・・・」なんて思う事もあるんですよねえ・・・・・。

皆さんは、どんな青春時代を過ごされましたか?

この記事へのコメント

2019年07月19日 15:38
こんにちわ~
フォーク「神田川」懐かしいですね
あの頃はフォークソングが流行っていましたね
青春時代、思い出します
遠い昔の事です(^-^)
2019年07月19日 17:11
こんばんは。なつかしいですね。私は友人の息子ちゃんが新宿でいられて、その母親と一緒にお泊りをしたことがあって、その歌を思い出しました。ずいぶん前ですが、東京の新宿にもこんな銭湯があるんだ、と驚いたことがあります。
でも貴重な経験です。わざわざ銭湯にいったのですから。

本当になつかいしです。私の青春なんてなかったですから、灰色、グレーでした。
2019年07月19日 20:21
本当に懐かしいですよね。もう40年以上前ですからね。
あの頃は、随分とフォークソングがはやりました。
時折、テレビでナツメロ番組をやっていますけど、聞くたびに昔を思い出します。
歌は世につれ、世は歌につれですね。

2019年07月19日 20:23
本当に懐かしいですよね。
私も東京に住んでいた頃は、銭湯に行ってました。
風呂から上がって、コーヒー牛乳を飲むというのが、定番になっていました。
最近は、銭湯も殆ど無くなったんでしょうね。
「洗い髪が芯まで冷えて、石鹸がカタカタ鳴る」なんて情緒あるものが、どんどん無くなっていくんですね。
私の青春は、セピア色です。
2019年07月19日 22:44
こんばんは!
今日はお訪ねくださってありがとうございました。

「神田川」はいつ聴いても切なくなります。
作詞のエピソードはそうだったのですか。
神田川流域も場所によって雰囲気が違いますね。
早稲田あたりがこの歌詞にピッタリのように感じていました。
お茶の水や水道橋あたりですと、大学が多いのにこの歌詞の香りはしません。
どうしてなのでしょうね。
2019年07月19日 23:41
こんばんは!いらっしゃいませ。

「神田川」は、本当にいつ聴いても切なくなりますね。
神田川流域は、確かに場所によって雰囲気が変わりますよね。
言われるように早稲田あたりが、あの歌詞にぴったりの感じがします。

それぞれの町並みの雰囲気の違いもありますが、大學のカラーの違いも大きいのじゃないかという気がします。

学生運動に挫折した末の虚無感とか、同棲とか、なんだか、如何にもバンカラの早稲田の学生が、似合う気がするんですよね。明治や中央ともちょっと違う感じ。作詞家の喜多條忠さん自身も確か早稲田中退でしたしね。

やはり、場所的にもお茶の水や水道橋ではなくて、ちょっとゴチャゴチャ感のある早稲田辺りが相応しい気がするんですよね。
2019年07月20日 00:07
こんばんは。

神田川、いいですよね〜。
カラオケで唄いますよ。
調べると色々わかるんですね。
神田川聖地巡りしたいです。
2019年07月20日 05:13
 神田川、懐かしいフォークソングですよねえ。しみじみとした、切ない情感を歌い、当時の若者に沢山の影響を与えて、支持されましたね。

 いろいろウラ話を知って、もういちど聴くとより世界観が分かりますね。

 同棲はしたことないのですが、ボロアパートには住んだことがありますので、雰囲気は分かりますね。

You Tubeで、リピート山中さんという歌手の方の「神田川」を聞くと、出だしの口トレモロがなかなか面白いです。
2019年07月20日 06:40
「神田川」はいつ聴いてもホロっと。
作詞のエピソード凄いですね
《30分ほどで新聞のチラシの裏に書き留め》
やはり天才なんでしょね

2019年07月20日 08:21
「神田川」のレコード持ってました。
今も物置にあると思います(たぶん)。
懐かしいですね~。
曲が作られた舞台裏も
興味深いですね。
2019年07月20日 10:35
カラオケで「神田川」歌われますか。
同年代の人たちとのカラオケは、楽しいものですね。
最近の若い人と行くと、とんと知らない歌ばかりですが。
神田川聖地巡り面白そうです。
ちょっと遠くていけないですが。

2019年07月20日 10:42
私も、同棲したことはないですが、ボロ家に下宿した事もありますので、あの辺の雰囲気だけは、よく分かります。「神田川」もヒットし過ぎて、本人たちの手を離れて映画化されたり、「神田川」が独り歩きし始めたので、「これはなんか違う」と、ひとまずバンドを解散することにしたらしいですね。
それほど売れて、当時の若者に支持されたんですね。当時の世相に受け入れる素地があったのでしょう。
リピート山中さんの神田川は、ちょっと探しましたが、見つかりませんでした。
2019年07月20日 10:46
30分で歌詞を書き上げて、それを受けた電話口で曲ができるとは、よほど作詞家と作曲家の息が合っているのでしょうね。才能があって若くて、ノリにノッていたのでしょう。
神田川を聞くと、昔のことを思い出して、ジーンとなります。
2019年07月20日 10:50
昔は、レコードでしたからね。
私も納戸にいろいろな、古い歌のレコードを置いています。
もう、プレーヤーが、無いので聞くことはないですが、懐かしいので残しています。
昭和の歌には、懐かしくて、いいものが沢山ありましたね。
最近の歌は、ちっともわかりません。
2019年07月20日 16:09
神田川とても懐かしいですが、
作詞家とそんなエピソードがあったのですね。
今でも色あせることなく耳にしています。
言葉一つ一つが胸を締め付け青春のページですね!
2019年07月20日 17:08
今もテレビで、フォークソングやっていますよね。
南こうせつ、伊勢正三、いるかなど、まだ元気で歌っていますね。
良き昭和の歌という感じ。
歌詞を味わって聞くと、自分の若かった頃が思い出されてじーんと来ますね。
いい歌です。
2019年07月21日 00:24
この歌は学生時代、70年安保闘争が終盤になったころでしたね?
学生時代は金がなく、学生寮に入り、食べて通学するのがやっとでしたが、金を使わないで友人と遊んではいました。
殆ど男子学生だけでしたが・・・。
ただ、高校の同窓生の妹さんが近くの短大にいましたが、お茶に誘う勇気もありませんでした。ワハハ!
2019年07月21日 00:45
遅い時間に失礼します。
つたないブログにお越しいただいてありがとうございました。

神田川は、懐かしいフォークソングですね。
ヒットしたころ私は何歳だったんだろうなんて考えてしまいました。
同棲はしたことないですし、雰囲気も理解できなかったけれど、
歌というか詩の世界にのめりこんでいました。

いろいろウラ話があることがわかりしばらくぶりに聞いてみたくなりました。
2019年07月21日 11:22
学生時代は、ホントに金がなかったですよねえ。
熊本から東京へ出て、下宿すると下宿代だけで精一杯。
東京が地盤の友人とは、ちょっと格差があり過ぎて一緒に遊ぶのは難しかったです。
宮星さん。高校の同級生の妹さん誘ってあげれば良かったのに。
今からというわけにもいかないし。惜しかったですねえ。

2019年07月21日 11:24
神田川も入ったフォークソングの番組は、DVDに保存しています。
懐かしいので、時折取り出して聴いています。
それぞれの曲の誕生には、いろいろ裏話もあって面白いですね。
何日も練に練って作った曲が、売れるかというと、必ずしもそうでもないようですね。
ふと口ずさんで出来たメロディーが、大ヒットしたり。
歌というのは、面白いですねえ。
自然に時代にマッチした歌が、流行するんですね。
だから昔の歌を聴くと、その時の世相とか時代背景とかが思い出されるのだと思います。
「神田川」の頃は、若者の間で学生運動の機運がしぼんで虚脱感が蔓延していた時代でしたね。あの頃はあんな歌を時代が要求していたのでしょう。