「つぎはぎ仏教入門(呉智英著:ちくま文庫)」

つぎはぎ仏教入門.jpg

シニアカレッジの世界史の先生に勧められて読んだ本です。
著者は、1946年生まれで、マンガ評論、知識人論などの分野で執筆活動をしています。

この本は、著者が過去に読んだ本やら、得た知識やらを繋ぎ合わせて書いた仏教入門ですが、
仏教の歴史、教義の解説、仏教の問題点など幅広く論を展開しています。

曰く。
「自分は仏教を含むいかなる宗教も信じてはいない。ただ宗教の文化的・社会的意義を認めている」と。

読み進むに従って、著者の仏教に対する理解の深さ・広さに圧倒されますが、私の理解し得る範囲で、記憶にあるところをメモしておきましょう。

以下、「つぎはぎ仏教」の、「つぎはぎメモ」です。


仏教の教義
仏教は本来極めて理知的な宗教であって、教義が神話によって構成されている部分が少ない。

人間は「有限」「相対」「不完全」なものである。衆生は、有限の存在であることに不安を感じ、無限の存在に憧れている。それを仏教は、「執着」「妄執」として否定する。

我に執着することが、煩悩を生む。それが、さまざまな束縛を生じさせる。その無明を消し去るのが智であり、「悟り」である。ここに「」という概念が出て来る。

釈迦は、家族が「悟り」の妨げになるとして、両親・妻・子供を捨てた。

現世利益か常識的な人生訓を求める人達は、この釈迦の非凡のエゴイストぶりに目を背けるだろう。

釈迦入滅後、釈迦個人の持つ宗教的魅力に頼ることが出来なくなると、こうした衆生の要求に応えなくては仏教が存立できなくなる。

こうして様々な俗信、伝統儀礼、ヒンドゥー教の諸神などが、仏教と習合し、密教が成立していった。

家族を愛する庶民感情と仏教教理との相克・葛藤は、仏教発祥の地において既にあり、志那など「」を尊ぶ儒教影響下の北東アジアに伝来していっそう深刻であった。


仏教の変容
・釈迦が説いた教えが仏教である。
・釈迦が教えを説いた時は、仏像も経典もなかった。

・仏教は、釈迦の入滅後、小乗と大乗に分裂し、変容に変容を重ねた。
・小乗仏教=自らの悟り
・大乗仏教=衆生を救う

・小乗仏教の方が釈迦の本心に近く、小乗仏教は、釈迦一仏論である。
・大乗仏教では、いくつもの経典を創作し、いくつもの仏を考案した。

・大乗仏教の仏には、3種類ある。
・①本来の仏、②インド神話に登場する神々、③仏を目指す未完成の存在。

・大乗仏教は釈迦の説いたものではない。
・諸仏も釈迦のあずかり知らぬものである。
・小乗は一仏論であり、諸仏諸神が登場する密教は、最も遠い存在である。

・大乗仏教は、志那・朝鮮を経由して日本に入り。
・多くの宗派のそれぞれの祖師たちが、更に身勝手に仏教を解釈した。
・これらの偽教が、何の根拠もなく仏教と思われている。

仏教の弱点
仏教は、資本主義と相性が悪い。
仏教は、欲望を否定し欲望からの脱却を説くもので、富の蓄積を目指す資本主義とは、基本的に相いれない。

仏教は、女を否定的な存在か、せいぜい副次的・補助的な存在として扱う。
仏教は、基本的に女を悟りの妨げになる存在と考えている。

現在の仏教界について
日本の仏教は、今世紀半ばには現在の9割が消滅するという社会学者がいる。
・人口の流動化が進み檀家を離脱する人が多く信徒数が急減。
・葬式や法要に対する意識が変わり、僧侶抜きの葬儀も珍しくない。
・寺の子弟が金儲け出世を望み、後継者難となっている。

現在、日本の仏教界では、こういった事情で寺院の経営が非常に厳しくなっている。

1868年の「神仏分離令」に端を発した明治初期の「廃仏毀釈」は、仏教の腐敗、堕落、因習への民衆の怒りが背景にあった。

浄土真宗では、祖師親鸞の血を引く法主が入浴した残り湯を門徒たちがありがたく飲むし、日蓮宗では法華経を絶対視しこれを中心に国を建てる「立正安国論」を根本経典にしている。

オウム真理教は、仏教にヒンデゥー教やキリスト教をごたまぜにした教義を作っていたが、事件当時、宗教界は大混乱に陥り、きちんとこれに対処出来なかった。

著者は、追い詰められた仏教にとって、「教理の原理的検討」こそ、今なすべきことであると言う。
宗教を論じることは、翻って我々の立脚点を考え直すことである。

★★★☆☆(星3.2、仏教の大まかな理解は出来ますが、詳細は難しい)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月30日 05:48
 宗教のことをいろいろ入門的に書いた本なのですね。なかなか分かりやすく書くのも、大変なことでしょう。あまりにも深いものですよね。
2019年07月30日 07:16
おはようございます。
あまりにもむつかしくてよくわかりませんが、お釈迦様が幸せになる方を解くために家族を捨てた、というのは自ら人(一部分)を不幸にしていることです。
それは正しい事なのでしょうか。全てが幸せになるというのは人間社会では難しい事ですね。
深い宗教知識は必要ですが、私はあまりむつかしい事を考えるのは苦手です。
けれども自分だけ幸せになりたいとも思いません。
唯お釈迦様の場合は、人に法を解くために修行されて、家族を同じくできないので一人悟りの道を選ばれた、という事でしょうか。
なおさんへ/としさん
2019年07月30日 08:53
これは、世界史の先生に勧められて読んだ本ですが、歴史と宗教とどう関係するにかな?と思いますが、いろいろと知らなかったことを教えてもらいました。
・世界中で、キリスト教徒17億人、イスラム教徒12億人、仏教徒6億人。
・中国、朝鮮、日本は大乗仏教、セイロン、ミャンマー、タイ、カンボジアは小乗仏教。
・釈迦本来の教えは、小乗仏教に近い。・・・等々。
仏教の教義は難しいです。修行を積んだ高僧でもなかなか悟るのは難しいのですから。
本1冊で説明するとかは、無理なこと。まして、それを読んで理解するのは更に無理。
ちょっと覗いて匂いを嗅いだ程度でした。
2019年07月30日 09:16
こんにちは。

面白そうですね。
タイトルがいいですね。
2019年07月30日 09:22
仏教の教義は、奥深くてとても、理解するのは無理だと思いました。
以下、全て、この本が正しければという前提ですが。
キリスト教は、「救いの宗教」、仏教は「悟りの宗教」だそうです。
どうもお釈迦さんは、一般人を幸せにしようと家族を捨てたわけではなさそうです。家族とか愛情とかを「執着」だとして、それから脱してこそ「悟り」の境地に達するという考えのようです。
そういう意味では、とんでもないエゴイストですね。家族は間違いなく不幸だったと思います。
こんな高度な心境は、一般人には到底理解できないだろうという事で釈迦は、一般人に釈迦の教えを説くつもりはなかったのですが、梵天が、もったいないから一般人にも教えを説いたらどうかと勧めたらしい。
大雑把に言うと、これが後の小乗仏教(自らの悟り)と、大乗仏教(衆生を救う)に分かれていくわけです。
日本では、大乗仏教が正しいとされているが、本来の釈迦の教えは小乗仏教に近い。
大乗仏教の作り出した経典やら、もろもろの仏などは、お釈迦さんの全くあずかり知らぬもの。お釈迦様もビックリ!というやつです。
ましてや、それらの仏を拝んで、ご利益をお願いする等はもってのほか。
それこそ「執着」であり、そこから「脱する」ことが、仏教なのだから。
といった事を、辛辣に書いた本でした。
これは全て、この本が正しければという話です。・・・難しいです。


2019年07月30日 09:27
私は、普段から宗教には無頓着で、深く考えたこともないし、仏教にお世話になるのは、お盆の時と葬式、法事の時ぐらいです。
今回は、勧められて読んだ本ですが、仏教の深いところを理解するなどは、とても無理ですね。
修行を積んだ高僧が、一生かけても「悟り」の境地に達するのは、困難なわけですから、本1冊読んで分かったように思うのは、あまりにも失礼というもの。
題名の通りに「つぎはぎ」のまた「つぎはぎ」の知識を得た程度でした。
2019年07月30日 10:54
お寺に出かけても 真剣に 手を合わすことのない私ですが
それでも 元気に暮らせますように 孫の受験上手く行きますように
とお願いをしています。
そんな 身勝手な私でも 仏様は 救ってくださるのでしょうか。
そんなことを思いながら読ませていただきました。
2019年07月30日 11:51
日本人は、み~んなそうだと思いますよ。
私も、普段は仏教など忘れていますが、何かお願いしたいとき、
何か困ったときに、思い出すだけです。
あとはお盆、葬式、法事の時に手を合わせます。
こんな私でも、何とか救ってくれるのではないかと、勝手に思っています。
ま、そんなもんですよ、み~んな。
仏教のそんなゆる~いところが、何となく好きです。
きっと、フラバーバさんは、ずっと元気でいられるし、
お孫さんの受験もうまくいくと思いますよ!
心の広い仏様が見守ってくれていますから。
2019年07月30日 18:00
こんにちは!
仏教といってもなかなか難しくて理解することは大変です。
昨今では仏教離れが進み、日本の仏教は9割が消滅しますか。我が家の場合、確かにお葬式、法要の時しか仏教と接することがなくなっています。跡継ぎがない、檀家さんが減少している、よく聞きます。お寺が存続しなくなったら仏教も廃れてしまいますね。
2019年07月30日 18:34
コメントありがとうございます。
仏教と言ってもいろいろな宗派があって、何処がどう違うのかもよく分かりませんね。
この著者も書いていましたが、現在の仏教というのは、最初にお釈迦様が説いたものとは、似ても似つかないものになっていると思いますよね。
お釈迦様がいた当時は、経典も仏像もなかったわけですし、現在のいろんな種類の仏像を見れば、「お釈迦様もビックリ!」だと思います。
著者は、仏教の9割が消滅すると予想していて、確かに仏教に帰依する人々は少なくなる傾向だとは思います。
しかし、これはこれで、ちょっと寂しい気持ちがします。
何だかんだと言っても、お盆だ葬式だ法事だと、その時だけでもお坊さんにお出まし頂いて皆の心が平安になるという事が定着していますし、これはこれで日本の文化だと思うのです。
私としては、あまりガチガチでなく、このゆる~い仏教も、何かいいなあという気がしています。
2019年07月30日 20:21
先日映画「「歎異抄をひらく」を観てきました。アニメで、結構退屈しないで見ることができました。平日の午前の部でしたが、超満員でした。それだけに宗教に関心が皆さんおありかな、そう思いました。

私自身は、まったく宗教心がなく、それでもこの年になり、少しは関心が出てきて、映画になった本を読んだことがあり、もう一度復習の意味で、映画を観てきたわけです。確たるものはないなりに、それでも少しずつ宗教心も芽生えてくるのではないでしょうか。理屈で割り切れないものが宗教にはあるようにも思います。
2019年07月30日 21:36
そういう映画があるんですか。知りませんでした。
調べてみましたが、上映している映画館が少なくて、我が家の近くでは観れないようです。
平日の午前中の部でも超満員だったという事は、相当に関心が高いということでしょうね。
今回の記事に書いた「つぎはぎ仏教入門」にも「歎異抄」のことは、出てきました。
どんな映画だったのか、観れないのが残念な気がします。
私は、今のところは宗教心はなく、必要な時だけお坊さんに来ていただいている状態です。
それでもお経をあげて頂くと、何か安心するというか落ち着いた気にはなります。
いい歳になったのですから、徐々に宗教心も芽生えてくるのでしょうか。
今回、ブログに書いた事が、何かのきっかけになるかも知れませんね。