日本の宗教:神様仏様

伊勢神宮.jpg   飛鳥寺仏・政田マリ.jpg

私は、正月は神社に、お盆はお寺に行く。何か困ったことでもあれば「神様仏様」と祈るし、成就しなければ「神も仏もあるものか」と嘆く。
典型的な無宗教的日本人のパターンだ。

しかし、我が国では、何故こうも神と仏が“ごちゃ混ぜ”で平気でいられるのだろうか。

たいていの場合に神社の隣にはお寺がある。神棚と仏壇が並んでいても平気だ。
何故?

分かっているようで分かっていない。知っているようで知らない。
ちょっと調べて、頭の整理をしてみたいと思う。


仏教が日本に伝来したのは、6世紀半ば、欽明天皇の時代だ。仏教はインド、中国、朝鮮半島を経由して我が国に到達したが、時間をかけてインドの在来宗教や中国の道教とも折り合ってきただけあって、成熟した柔軟性を有していた。

布教に際しては、日本の土着の神々を一気に制圧しようとはせず、時間をかけて馴染みながら徐々に影響力を広げる形をとった。これを“神仏習合”という。

仏教の体系は、“仏法僧”と言って、「」、「教義」、これを広げる強力な「布教集団」から構成されている。

日本上陸に当たっては、建築・彫刻・絵画・工芸・医療などの優れた技術を伴う強力な体制で上陸しており、これを迎え撃つ我が国の土着の神々は、至って大らかに、「神々の中に仏も加えて上げよう」という姿勢であった。

布教に当たっては、時の権力のバックアップを取り付ける必要がある。

崇仏派の蘇我氏と、排仏派の物部氏の権力闘争は、蘇我氏が勝利を収め、遂には、聖徳太子の手厚い保護を取り付けることにより、仏教が国家宗教となる道が切り開かれた。

布教の拠点については、すでに存在した神社の境内に目をつけ、境内に寺を建てることにより“神宮寺”とした。

神宮寺には仏像を安置し、神社には神の象徴としての鏡・剣・玉などを祀った。これにより神社の「氏子」は「檀家」となった。

奈良時代には、仏法を保護する善なる神という意味の“護法善神”という考えを流布させた。例えば藤原氏の氏神である春日大社は興福寺を守護している守護神という訳である。

これは、一見、神が仏の上位にあるように思わせるところが“みそ”である。
この時期までは、神が仏に軒先を貸している形である。

平安時代になると、更に神と仏の関係が近くなり、“本地垂迹説”なる概念が流布される。「仏と神は一体。本来は仏であるが、仮の姿として神として現れる」ということである。

仏が神の姿でこの世に現れたものを、権(=仮の意味)に現れるという意味で、“権現”とした。例えば熊野権現や春日権現がそれである。

この考え方によると「天照大神は大日如来の化身である」となり、ここに至るや軒先を貸した筈の神が、母屋を取られた感じすらする。

千年以上にわたって習合された神仏であったが、明治政府は国家神道の立場から、明治元年に「神仏分離令」を発した。

これが民衆の間で、「廃仏毀釈」の動きとなり、一時は仏像・経巻などをいささか乱暴に破壊・焼却した場面もあった。この「廃仏毀釈」には、仏教の腐敗、堕落、因習への民衆の怒りが背景にあった。


これらの経緯から、我が国においては、長年にわたり神と仏は密接な関係を保って来ており、神社と仏閣が隣接して存在し、家々の神棚には仏壇が並んでいる、といったケースが多々見られる訳である。


何と我がヤマト民族の大らかなことか。良く言えば“おおらか”、悪く言えば“節操の無さ”。

我々のこの精神構造は、長年の歴史に裏打ちされDNAとして英々と引継がれてきたものなのである。

大陸諸国との外交力の差なども、このあたりに、その起源を伺えるような気もする。

この記事へのコメント

2019年07月31日 00:10
日本は神道の国といっても、もともと八百万の神という概念があり、天照大神云々は天皇制を正当化するための作り話ですからねぇ・・・
今の日本は色々な宗教が混在し、ある程度許容し合っている、世界的に見ると珍しい”成功”事例ではないでしょうか?
キリスト教やイスラム教などはもともと排他的宗教ですから、争い事を引き起こす元になりやすいですよね!?
その点、色々な宗教を同時に受け入れる日本人の資質は、事、宗教に関しては、平和的で世界最先端なのかも知れません。
2019年07月31日 05:19
 神も仏もさまざまに混じり合い、いにしえから信仰され親しまれてきたものですよね。八百万の神がいる、というのは一神教の世界とは全く違う、なんでもありの世界ですから、融通が利いておおらかなのでしょうねえ。
2019年07月31日 09:04
キリスト教や、イスラム教などの1信教は、どうしても排他的になり争いを起こしやすいですね。
その点、日本の宗教は、もともと神々が共生している世界なので、懐がひろい。
神道と仏教の共存も、そういう背景からでしょうね。
しかし宗教の精神的、社会的影響は非常に大きいですね。
戦国時代の覇者は、信長にしろ秀吉にしろキリスト教を迫害しましたが、やはり自分より上位に神がいて、神のためには命も惜しまないという信徒は、権力側にとっては、恐怖だったでしょう。
古事記、日本書紀以来の神話を、天皇を中心とした明治政府の正統性に利用した点を考えると、宗教は一つ間違えると怖いものでもありますね。
昭和の軍人が神格化した天皇を悪用して戦争に突入した例をみても、物が言えなくなる世界は怖いと思います。
なおさんへ/としさん
2019年07月31日 09:11
おおらかなのが、いいです。
「絶対これ以外は認めない!」 などと考えるから争いごとが起こるんですよね。
「自分以外の意見も正しいかも知れない」という考えは、常に持っておいた方がいいと思います。
これは、個人の生活もそうだし、宗教の世界もそうだと思います。
神棚と仏壇が混在している家、これに矛盾を感じずに暮らしている、ゆるさ。
何かほほえましいじゃないですか。
私は、これけっこう好きなんですよね。
2019年07月31日 09:13
こんにちは。

私もがっつり無宗教的です。
都合のいい時だけ、神様にお願い。です。
2019年07月31日 09:34
日本人のほとんどの人が、ガッツリ無宗教でしょう。
都合のいいときだけ、神様・仏様にお願いするんですよね。

私は、正月になると、毎年5~6軒の神社に初詣に行って、いろいろお願い事していました。
しかし、ある時、ある人に忠告されました。
「神様は嫉妬深いから複数の神社にお参りしてはいけない」と。
それ以来は、近所の氏神さんだけに初詣に行くことにしています。
神様って、嫉妬したり意外と人間的なんですね。
2019年07月31日 09:41
こんにちわ~
実家には神様も仏様も祭っています
子供の頃から何も分からず手を合わせていました
私は無宗教派です
神棚はありません。
でも初詣には行ったりします。
2019年07月31日 10:00
コメント有難うごさいました。
子供の頃、私の実家には、神棚があって仏壇もありました。
朝起きると、母がご飯と水を神棚にあげてお参りをする。そのあとで仏壇にご飯と水をあげてお参りをする。
それが日課となっていました。
それを小さい頃から見てきたので、何の矛盾も感じずに、私も神様や仏様を尊び、お参りしていました。
結婚すると、田舎の家と違って部屋が狭いので、神棚やら仏壇はありません。
しかし精神的には、何かあると神様や仏様にお参りします。それが自然だと思っています。
きっと、我が家の子や孫もそうだろうと思います。日本中、そんな人が殆どじゃないでしょうかねえ。
2019年07月31日 23:05
自分の都合に合わせて 神様 仏様を
頼っている身では 何も偉そうなことは言えませんが
宗教の違いで 争いをする 人達より
政治に宗教を持ち込まない 日本人の方が
よっぽど 広い心を 持っていると思っています。
2019年08月01日 08:11
無宗教の私ですが
色々な宗教を受け入れる日本人事
宗教に関しては平和的なのかもしれませんね
2019年08月01日 09:07
自分の都合に合わせて神様・仏様に、いろいろお願いしているのは、私も同じです。
宗教で戦争してはいけませんね。
「人が幸せにならなきゃ宗教じゃない」と思いますからね。
政治に宗教を持ち込まない。これが大事です。
「正教分離」。これでいきましょー!
2019年08月01日 09:10
私も無宗教です。
日本は宗教に関しては、いろんな宗教と共生していて、ほんとに平和的にやっていますよね。
これは日本人の懐の広さ、おおらかさの証明ですね。
これは、日本のいいところだと思います。