朝鮮王朝の歴史、あれこれ

朝鮮時代劇.jpg

日韓関係が大荒れの中ではありますが。
私は、毎月、大阪の梅田へ出て、「激動の朝鮮王朝歴史物語」というNHK講座を受講中です。
これは、朝鮮の李王朝(1392年~1910年)に誕生した27代にわたる王たちの歴史です。

毎月1回、講義がありまして、1回につき1人の王を扱います。
今回の講義は、12回目なので、第12代王・仁宗についての講義でした。

忘れないうちに、要点だけメモしておきましょう。

仁宗が即位した前後の動き
10代・燕山君の廃位
燕山君の実母は、9代・成宗の妃であったが、あまりに焼餅焼きだったので、成宗から毒薬を飲まされて殺害されます。
    
長じて、この事実を知った燕山君は、グレてしまって王として悪逆非道の行いをします。

王のあまりに酷い悪行を見かねて、臣下が結束して燕山君に変えて、腹違いの弟を11代・中宗として王位に就かせます。
    
燕山君は、27代王の中で史上最悪とされ、王の地位を剥奪されています。

11代・中宗の擁立
中宗は、燕山君の腹違いの弟ですが、帝王学も学ばないまま、臣下によって突然に王になった為、王にしてくれた臣下には全く頭が上がりません。

在位期間は38年と長いものの、王として大した業績は残せずこの世を去っています。

11代・中宗は、「チャングムの誓い」の時の王様です。


12代・仁宗の誕生
11代・中宗は、生涯で3人の王妃を迎えています。
   
1番目の妻
夫婦仲が極めて良かったのですが、燕山君の正室の兄の娘であったという理由で、僅かに7日で追放されました。

2番目の妻
12代・仁宗となる子を生んだが、仁宗を生んですぐに亡くなった為、仁宗は3番目の妻である継母に育てられました。

3番目の妻
この女性が、文定王后と言って、権力欲旺盛な人物でした。

文定王后は、自分の弟とその妻(*)チョン・ナンジョンと一緒になって、仁宗を追い落として、自分の子を13代・明宗とするよう謀りました。

仁宗は、文定王后から渡された毒入りの餅を食べて亡くなっています。
仁宗の在位期間は、僅かに9ケ月に過ぎませんでした。

因みに、(*)チョン・ナンジョンは、朝鮮王朝の三大悪女と呼ばれています。

ま、こんな具合で、朝鮮王朝の歴史は、血みどろの歴史として27代・純宗まで続いていきます。
王の後継問題では、まず例外なく権力闘争が起こり、多くの人々が殺害されています。
このメンタリティーは、北にしろ南にしろ現在の朝鮮半島に脈々と受け継がれているような気がしてなりません。


武官.jpg
朝鮮王朝時代の官服
胸と背中につけた四角いもの(「胸背(ヒュンベ)」)で区別できます。
・文官は「双鶴」の「胸背(ヒュンベ)」
・武官は「双虎」の「胸背(ヒュンベ)」

因みに王様は龍、王妃は鳳凰を用いました。

カツラ0.jpg
朝鮮王朝時代の女性のカツラの事
女性のカツラは、加髢(カチェ)と呼ばれた。

縦に高いほど良いとされ最高位の女性は、30センチのカツラを付けた。
重さは、4キロほどにもなった。
当時の女性は、12~13才でも嫁に行ったので、カツラの重さに首が耐えられずに死んだ女性もいて社会問題にもなったという。

カツラの原料は、実際の人間の髪であり非常に高価であった。
上等のカツラは、瓦屋根の家の2軒分の値段がしたらしい。
生活に困ると、泣く泣く自分の髪を売る女性達が続出したが、親からもらった髪を切るのは、儒教の教えに背くものだったらしい。

カツラには、いろいろ問題もあるので、21代・英祖の時に禁止されたが、徹底されなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月11日 20:19
こんばんは。どこの国も色々ありますが、上流は上流の色々ありで、下は下で
あっても、毒は盛られることは少ないですね。

なんだか自分勝手な人ばかり、というか結局自分が一番大事な人ばかりですね。
けれども大事な歴史の一齣なのですね。

日本もあまり変わらないように思います。要するにお世継ぎの問題だったりして。

華やかな影には必ず秘密がありますよね。きらびやか、優雅、そんな身分には生まれ変わってもなれないと思います。

勉強はいくつになっても楽しいですね。ワタクシも勉強は大好きです。
またいろいろ教えてください~♫ありがとうございました。
2019年09月12日 10:12
こんにちは。

朝鮮王朝の歴史、面白そうですね。
2019年09月12日 16:37
どの国でも、お世継ぎの問題では、揉めますね。
日本の戦国時代なども、親兄弟で争ったりという事はあったと思います。
官僚機構が、しっかりしておれば、長子相続の原則を守るのが、最良だと思いますが、
支える信頼できる勢力がない場合は、能力のある者が上に立たないと世の中が安定しません。
ところが、能力の有無を誰が判断するのかという問題がありますね。
そこで争いが絶えないことになります。
朝鮮半島では、庶子が非常に冷遇されますね。
例え高貴な父親から生まれても庶子だと、非常に軽く扱われています。
そんな点が、特徴でしょうね。
年取ってからの勉強は、自分の意思で興味のある事をやるわけですから、面白いですよね。
学生の頃は苦痛でしたけど。
2019年09月12日 16:41
朝鮮王朝の歴史は、面白いですよ。
テレビで韓国時代劇を観ていた人は、分かりやすいと思います。
ドラマは、面白いのですが、フィクションが混じっていますので、
話の真偽はどうだったのか、裏を取るつもりで講義を聞いています。
当時の朝鮮の風俗・習慣なども分かって面白いです。