「朝鮮紀行(イザベラ・バード:講談社学術文庫)」

妻が面白くて3度も読んだ本だというので、私も読んでみました。 この本は、19世紀イギイリスの紀行作家イザベラ・バードが、1894年1月から1897年3月にかけて、4度朝鮮へ渡った時の紀行文です。 紀行文ですから、朝鮮に渡った時の著者の印象を、風景、人々の性質、服装、制度、風習、等々・・詳細に記述しています。 著…
コメント:6

続きを読むread more