映画「最高の人生の見つけ方」(米国オリジナル版)

本家最高の.jpg

先日、日本のリメーク版を観たので、米国のオリジナル版も観たくなって、DVDレンタルしました。

製作:2007年米国
監督:ロブ・ライナー(=「スタンドバイミー」の名匠)
出演
ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、
ショーン・ヘイズ、ビヴァリー・トッド

解説
死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人生賛歌。
病室で知り合った2人が意気投合して「やりたいことリスト」に基づき、残りの人生を生き生きと駆け抜ける。
名優2人のいぶし銀の演技が光ります。

感想
いやあ感動しました。
日本版のリメークも楽しめましたが、やはり。
話の展開、面白さ、演技力、一言一言の深さ、画面の迫力、・・・全てにおいて、やはり米国のオリジナル版の方に軍配が上がりますね。
何せ、名優ジャック・ニコルソンと、モーガン・フリーマンのコンビですからね。

この映画は、リメーク版には足りない愛や信仰、それに人生の意味について、より深く描写しているように思います。
邦画にもいい映画が沢山ありますが、まだまだ伸びしろは、かなりあるように感じました。

★★★★★(4.6 観るものに感動を与える名画の一つだと思います)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年10月30日 14:21
こんにちは。アメリカのオリジナル版があるのですか。なんだか味のありそうな深みのありそうな映画のようですね。

私もそうありたい事です。どんなときからでも一生懸命駆け抜けたい人生です。

(マラソンは苦手ですけれど、心は駆け足で行くことが可能かもしれないので)
2019年10月30日 14:53

そうなんですよ。先日観に行った吉永小百合さんの映画は、ハリウッド映画のリメークでして、オリジナルの映画があるんですよ。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという二人の名優が出演する感動的な映画です。
病室で知り合った二人ですが、1人は大富豪でして、末期がんの二人は残された僅かな時間を何の束縛もなく自由に、本当にやりたい事をトコトンやりきって亡くなります。
人生って長さだけじゃないな。その密度の濃さが大事だなと思うのですが、現実にはなかなかいろいろな障害もあって、思うことが出来ないですよね。
笑いあり、涙ありの名画だと思いました。
2019年10月31日 06:37
この映画のビデオを観て感動しました
日本版はリメークだったのですね
題名聞いた事あると思いました
2019年10月31日 09:16
こんにちは

私はこちらの方が好きです。
めっちゃ良かったです。
2019年10月31日 09:21
日本版はリメークです。このオリジナル版を下敷きにして日本風に制作されています。
キャストも吉永小百合、天海祐希、前川清と、なかなか楽しめる映画ではありますが。
何でもオリジナルを越えるというのは、なかなか大変ですよね。
因みに似たような名の映画やドラマもありますね。
「最高の人生のはじめ方」「最高の人生の終わり方」とか。
2019年10月31日 09:25
ですよね。
何でも、オリジナルを越えるのは難しいですね。
この映画は、本当にいい映画だと思います。
感動しました。
2019年11月01日 16:22
いぶし銀の演技見てみたいものですね!
病室で知り合ったお二人、
「やりたいことリスト」最後の挑戦でしょうか?
2019年11月01日 21:17
ジャック・ニコルソンとボーガン・フリーマン、いずれも名優ですねえ。
彼らの出る映画は、まず当たり外れがなくて面白いですね。
今回もいぶし銀の演技が光ってました。
病室で会った二人。「やりたいことリスト」で、最後の挑戦です。
スカイダイビングしたり、エジプト行ったり、ヒマラヤ登ったり・・・
私なども、別に病気にならなくても、そんなこと思い切ってやってみたいですけどね。
人は、日々生活していると、いろんな制約があって、なかなか出来ないことばかりです。
この映画の場合は、二人のうちの一人が、大富豪なんです。
お金の制約がなく、人生の終わりを知っているので、怖いものがない。
ま、こういう状況でないと、そうそう「やりたいことリスト」どうりには、実現できないと思います。
そういう意味で、やれないことをやってくれる映画だから楽しく観れて人気なんでしょうね。