最近、思う事(続き)

私は、人の顔を覚えられないという話の続きです。

覚え難い顔、覚えやすい顔
そもそも覚えにくい顔というのもあると思うんです。

新撰組.jpg  新撰組1.jpg    
何かの本で読みましたが、新撰組に山崎丞(やまざき すすむ)という隊士がいたそうで。
彼の顔は、実に印象に残らない顔だった。
その特徴をうまく利用して、探索方として重要な働きをした。
町人に扮したり、乞食に扮したり、何度も顔を合わせても、一切見破られなかったらしい。
(警察用語でいうと、面が割れにくかった)


sISSA.jpg  DA PUMP U・S・A ISSA.jpg  
そう言えば、最近では、昨年の紅白歌合戦で、「U・S・A」を歌って、大人気だった「DA PUMP]ですが。
センターで踊っていたISSAの顔は、よ~く覚えていますが、それ以外のメンバーの顔は、あまり残っていません。(これ私だけじゃないんじゃないかな。)
つまりISSAの顔は、覚えやすい顔だと思います。


似顔絵捜査官.jpg
プロの仕事(その1)
私が、尊敬するプロの仕事の一つが、警察の専門職「似顔絵捜査官」です。
私の場合は、特別かも知れませんが、数十年連れ添った妻の顔でさえ、「特徴を述べよ!」と言われると、とても無理です。目・鼻・口の特徴なんて、写真見れば言えるでしょうが、とても無理。

ましてや、一瞬目にした犯人の顔の特徴を聞いて、それを頼りに似顔絵を描く人なんて・・・
また、それが、写真より頼りになるとは。
本当に尊敬に値すると思います。
(*)上の写真は、実際の事例としてネットに掲載されたものです。

プロの仕事(その2)
見当たり捜査」に従事する刑事さん達。
毎日、顔写真の束をめくっては、1人400~500人の顔を頭に叩き込んで、街の雑踏に入って、犯人を捜す。
気の遠くなるような仕事ですが、この〝刑事の勘″が、凄い!
これまでに「見当たり捜査」での摘発は、4千人を突破しているらしい。
これこそ、プロの「職人技」ではないでしょうか。


「初心者大歓迎」の話の続きです。
私は、退職後に暇なので何かやってみようかと、軽~い気持ちで、「水彩画教室」に通う事にしました。
私は、子供の頃から、もともと絵なんて得意じゃなかったし、何十年も絵なんて描いたこともない。
しかし「初心者でも可」との言葉を真に受けて、始めた訳ですよ。

すると何だか変???
周囲を見ると、どの人もただ者ではなさそうな雰囲気。
美大中退だの個展がどうだのと言う声もチラホラ聞こえて来る。

ある日、教室の皆で写生に出ると、ダントツの年長者である私の後ろに野次馬が集まって来る。
どうも私を先生だと勘違いしているらしく。

どんな素晴らしい絵を描いてるか、期待に満ち満ちて覗きに来るらしい。
然るに私の絵は、小学4年生レベルなので、覗いた人ごとにのけ反って、落胆の色濃く散っていきます。

私、思うんですが。
勝手に人の絵を覗いておいて、「な~んだ」は、ないと思うんですよ。

それだけでも顔が真っ赤、相当に恥ずかしいのに。
写生を終えた後で、先生が「皆の作品を並べて、評価し合いましょう」と言う。
美大中退、個展、・・・、の言葉が思い出されて、その場にいたたまれず、早引けして帰して頂きましたよ。

それ以来「初心者歓迎!」のチラシには、警戒感バリバリの私です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドラフト会議.jpg
ドラフト会議
いいなあ・・・
佐々木がロッテ。奥川がヤクルト。
一番うまくやったのは、広島ですよ。無抽選で明大・森下を獲得。

それにしても原さんは、クジ運悪いなあ。
今回も、外れ、外れ、と来てようやく、青森山田の「堀田賢慎」です。
よく知りませんが、将来性があるようだから、大きく育てましょう!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月18日 14:27
こんにちは。私は割と一度見た顔は忘れない方です。けれども(いまだありませんが)犯人の顔は覚えているかというと自信もありません。きっと他に考えるべきことがたくさんありすぎてきっと神経はそこまでいかないでしょう。

やはり特徴のない顔はおぼえにくいでしょうね。
一人一人は違うと思いますが、あまりにも平凡な顔については身体的特徴や、その他で、例えば背が高い、低いなども総合的に見ればおぼえられるかもしれません。でも必要にはせまられないでしょう。

警察の仕事は感心するところもたくさんありますね。しかし、モラルも昔に比べてはひくくなっています。

初心者大歓迎~ですね。でもその人によるかもしれません。60歳すぎたおばあちゃんが世界的ダンサーになられた例もあり才能がいつ発揮されるかは多分ご自分でもわからないいし、70の手習いとかで優秀な人もおられます。

としさんも十分きっと色々発揮なさって来たと思いますが、それだけでもきっとなかなか出来ない事だとおもいますが・・。

ドラフト、昔から原監督はそういう人材に恵まれていませんねえ。
いづれにしても金の玉子ですね。期待通りにそだててほしいものです。
2019年10月18日 17:25
警察官には、優秀な人もいますが、言われるように不手際も最近は目立ちますね。
服役中の犯人が逃走したり、トイレにピストルを忘れたり、反社会的勢力と癒着があったり。
まあ何十万人もいれば、警察といえども、いろんな人がいるという事でしょうが。

最近思うのは、犯罪捜査が殆ど防犯カメラ、やDNA鑑定に頼っている感じがしてなりません。
昔かたぎの職人の勘や、プロ意識がなくなっているんじゃないでしょうかね。
勘に頼りすぎると冤罪を生む危険性がありますが、犯罪捜査の執念やプロ意識は必要だなと思います。

ドラフトですが。ドラフト1位で鳴り物入りで入った選手が、すべて大成しているわけではありません。
7~8チーム競合した有望選手も、鳴かず飛ばずで退団した例が沢山あります。
大切なのは、チームの育成環境でしょう。いい環境でいい指導者に恵まれたら、大いに期待できると思います。青森山田の堀田君に期待しております。
2019年10月18日 23:57
こんばんは。

なるほど。
印象の薄い顔だと、かえって使い勝手があったりするんですね。
その時代ならではですね。
今は、スマホでカメラとかありますからね。。。
ドラフト、私はオリックスファンですが、毎年のごとく外しまくってます。
もう慣れてますが。
2019年10月19日 08:00
今は、スマホで何でも撮れますね。便利になったもんです。
ドラフトは、お互いにクジ運の悪さに泣かされますね。
オリックスは、石川×、河野×、で興南の宮城でしたね。
左腕だし、バランス取れたいい投手じゃないですか。
以外に外れ1位というのが、活躍するかも知れません。
巨人も堀田に期待しています。
2019年10月19日 10:04
昔はお顔や名前1度でしっかり覚えられました
今は・・・思い出すのもやっとです
覚えやすいお顔はあるかもしれないですね
初心者大歓迎
私も経験あります
嘘っ!て思いました
はじめての人だといいのに。
2019年10月19日 13:22
私の場合は、顔覚えるのが、昔からダメです。顔だけでなく昨日会った人の服装等も全く覚えていません。
ですから、もし私が目撃情報などを求められても、何の役にも立たないと思います。
「初心者歓迎」の話ですけど、ジュンさんが言われるように「初めての人」というのが分かりやすいですよね。
夏井いつきさんの俳句の講演を聞いた時に、夏井さんが言ってました。
お客さんに「俳句やってますか?」と聞いたら、「ま、少々」と言われるので、「何年くらいやってますか?」と聞いたら、「30年」と言われて驚きましたと。
稽古事などは、「10年までは、人にやっていると言ってはいけない」なんて聞いたことあります。
「初心者」の判断も、主観的で難しいので、「初めての人」というのが、一番いいですね。
2019年10月19日 23:00
私も 人の顔を覚えられません。
外国の映画スターは 皆 同じ顔に見えます。
逃亡犯を 全く関係のない場所で 逮捕された
というニースを聞くたび 
よくもまぁ こんな人込みの中で 見つけられるなぁ
と尊敬してしまいます。
2019年10月20日 04:55
見当たり捜査の刑事さん、テレビで
見たことあります。凄いですよね。
まさに職人技ですね。
絵画教室は私も実は経験あるんです。
本当は画材の選び方や鉛筆の削り方から
学びたかったのに、初日から写生して色も着けて
最後にはみんなで品評会ですよぉ~。
場違いな感じがして、2回行ってやめました(笑)
月謝先払いだったので、もったいない事しました。。
2019年10月20日 09:22
外国の映画スターの顔って、皆同じに見えますよね。
韓国ドラマを観ていても、誰が誰やら。
おかげで、話の筋がなかなか呑み込めなくて困ります。
訓練すれば出来るようなものなのか、人混みの中で犯人を見つける等、
本当にプロの職人技だと思いますねえ。
400人も500人もの顔を覚えるなんて、私にゃ無理!
2019年10月20日 09:31

ふーうさんも絵画教室に行かれたんですか。
私が行ったのは、透明水彩の教室でしたけど、絵の具の種類も沢山あって、カタカナの名前で覚えられない。どれとどれを混ぜると、どんな色になるか皆目分からない。
そんな状況で、いったん色を塗って、その色を修正しようと上塗りすると、ドンヨリと曇った酷い色になります。
(この点は、油絵と全く違いますね)
そんなことも、な~んも知らずに写生に出たのですから、悲惨な状況になりました。
ありゃ酷い目にあいました。稽古事は、ちゃんと基礎を覚えてからやった方がいいですね。
特別の才能がある人は別ですけど。