郷里熊本の復興

法事で3日間、帰省してきました。
熊本地震から3年7ケ月を経ましたが、所によっては未だにその爪痕が残っています。
その後の熊本城の様子とか、周辺の最近の様子とか、ぶらぶら眺めて来ました。


s0101空港.jpg  s0102熊本ラーメン.jpg
熊本空港に到着すると、ちょうどお昼です。
お昼は空港のレストランで、シンプルな熊本ラーメン。


s0201交通センター.jpg  s0202城と市電.jpg  
リムジンバスで、市内の「交通センター」まで1時間。
これまでの「交通センター」が、「さくらまち熊本」という新しいビルに変貌していました。
市の中心部(通町筋)を、市電が走り、熊本城が臨めます。


s0301白壁.jpg  s0302清正.jpg
熊本城のお濠沿いの長い白壁は地震のため未だこんな状態です。
御幸坂の登り口には、加藤清正公の銅像が立っています。
熊本では「セイショコサマ」と呼びます。

s0401瓦礫.jpg  s0402復興.jpg
お城の石垣や櫓は、未だ瓦礫に囲まれています。
熊本城の完全復興には、20年かかると言われていますが、天守閣は優先的に復興工事が進められ綺麗に瓦が乗っています。
復興、頑張ってます!。


s0501くまもん.jpg  s0502武者姿.jpg 
お城の広場には、巨大な「くまもん」が、お出迎え。
武者姿の役者が、立ち回りを演じていました。



s0601下通り.jpg  s0602饅頭屋.jpg
熊本市には、「通町筋」と交差して、左右に「上通り」と「下通り」という2筋のアーケード街があり、左の写真が「下通り」の入り口です。
右の写真は、私の高校時代からあった「蜂楽饅頭」という「上通り」の饅頭屋さんです。
高校時代には、饅頭の食べ比べをしたものです。
十個以上食べたと自慢する奴もいましたが、今の私なら3個が限界でしょう。



s0701長崎書店.jpg  s0702こむらさき.jpg
更に私の高校時代からあった数少ない店を見つけました。
左は「上通り」の「長崎書店」さん。参考書など買いに行ったものです。
右は「こむらさき」というラーメン屋さん。現在では、いろんなラーメン屋さんが、出来ていますが、ここは味も昔のままでしょう。


s0801藤崎宮・遠景.jpg   s0802藤崎宮.jpg  
市内中心部にある「藤崎八幡宮」です。応神天皇を主祭神とし、神功皇后と住吉三神が祀られています。秋の例大祭では、多くの飾り馬を仕立てて、大変な盛り上がりをみせます。
お日柄がよいのか、七五三を祝う子供連れが目立ちました。


s0901スクランブル交差点.jpg  s0902子飼橋.jpg
子飼橋交差点と子飼橋です。
「子飼橋交差点」は、日本で最初のスクランブル交差点なのです。
熊本は66年前に、白川が氾濫し大水害に見舞われた事があるので、護岸工事を徹底し、橋も頑丈に作り変え万全を期しています。


故郷熊本には、数年に1度は帰るようにしていますが、帰省のたびに町の様子が変わっていきます。
未だ地震からの完全復興とは言えませんが、熊本も落ち着いた生活に戻り、着々と力強く復興している様子がうかがえて安心しました。
復興だ、頑張れ熊本!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年11月16日 17:38
こんばんは

熊本はまだまだ爪痕が残ってるんですね。
熊本城も早く復興できたらいいですね。
20年かかるんですか。。。
本当に大きな損失ですね。
2019年11月16日 20:40
こんばんは!
熊本は、だいぶ以前の形を取り戻しつつありますが、所々にはまだ地震の爪痕が残っています。
直後に帰省して墓参りした時などは、殆どの墓石が、ゴロゴロ転倒したり、割れたり、ズレたり大変でした。
今は、殆ど修復されている感じです。
ただ瓦や壁の損傷などで、職人さんの手が回らなくて放置されている所もあります。
熊本城は、天守閣を最優先で取り組んだようで、ようやく瓦が美しくのった姿を臨めました。
20年とは気の遠くなる長さですが、完全に修復するには、そのくらいかかるのでしょうね。
つくづく自然の力の恐ろしさを痛感します。
2019年11月16日 23:24
こんばんは!
熊本城の復興、少しづつ前進していてホッとしています。それでもまだ長い年月がかかりますね。
昔の面影がなくなっていく商店街に懐かしいお饅頭屋さん、書店、ラーメン屋さんが残っているのは嬉しいことですね。
2019年11月17日 09:02
おはようございます。日本中、あちこちと多くの災害で苦しまれているのですね。
復興といっても地震は特に、地形的なものもありなかなか進まないと思います。
それでも人間はすごいですね。

立ち直って再び再建するのは、とても努力もお金もかかるし大変なことだとおもいます。

大阪はまだそれほどの事は少ないですが、一寸先はわかりません。
明日は我が身、といつも言い聞かせています。

この前の台風にしても、一瞬で我が家をなくされたら、どれだけショックか、ダメージを受けるか考えると怖いで。

熊本もよくこれだけ立ち直られたと思います。最近は災害も大きく頻繫ですね。
2019年11月17日 09:03
こんにちわ
熊本城も少しずつ復興が。
良かったですよね
>帰省のたびに町の様子が変わっていきます。
町もどんどん進化していきますね
懐かしいお店もあると嬉しいですね
2019年11月17日 09:41
熊本城は、天守閣を優先したので、その点は見栄えが良くなっています。
現在は、お城の中へは入れませんが、隣接した加藤神社の境内から遠景を臨むことが出来るようになっています。街並みは年々変わっていき、高校時代にあった店も殆ど変わってしまっています。
現在では、amazonのネット販売の増加で、書店経営は苦しいでしょうが、何とか残っていましたし、饅頭屋・ラーメン屋などは、へんに拡大経営せずに地道にやってきたのが、よかったのかも知れませんね。
2019年11月17日 09:55
自然災害は、本当に恐ろしいですね。
近年は、全国的に地震、台風、水害などの大規模災害が発生して大変な苦労をされている人々も多いと思います。いつどこで何が起こるか分からないので、私も災害用グッズを買ってある程度は備えていますが、その時になったら、うまく行動できるかどうか分かりません。
私は、まだ小さかった頃に熊本の大水害を経験しました。寝ている畳がプカプカ水に浮かんでいたので、飛び起きました。大幅な床上浸水で、家族全員が屋根裏で一晩過ごしました。
水害は、水が引いた後がまた大変。大人たちが泥に埋まった家の跡片付けをするまで、何週間か親戚宅に身を寄せました。
今、同じような境遇にある人達もおられるでしょう。被災地の早い復興を願っています。
2019年11月17日 10:04
熊本城に入れるかと思って行ったのですが、まだ一切入れない状態でした。
お濠に沿った長く美しい白壁も見られないし、櫓や石垣は、瓦礫と化しています。
あの何万個もある石垣を元通りに復旧するのは、気が遠くなるような作業でしょう。
完全復旧まで、20年かかるようですが、熊本市民も一丸となって復旧に取り組んでいる感じです。
街並みを歩くと、昔あった店は殆ど無くなっていますが、僅かに本屋・饅頭屋・ラーメン屋などを見つけました。昔あった店が、そのまま存在しているのを見るのは、嬉しいものですね。
2019年11月17日 11:39
おはようございます。
熊本城の一日でも早い完全復興をお祈りします。
熊本ラーメン、美味しそうですね。
tamachanさんへ
2019年11月17日 16:03
熊本ラーメン美味しいです。熊本へ帰ると必ず食べます。熊本城の復興は、県民の悲願です。長くかかっても、やってくれるでしょう。
2019年11月17日 16:30
熊本城へは、高校の修学旅行と
最近では家族旅行でも行きました。
地震によって、痛々しい姿になり
とても心を痛めておりましたが、
徐々に復興が進んでいるそうで、
安心しました。
2019年11月17日 19:36
熊本城へは、修学旅行で行かれましたか。それに家族旅行でも。
やはり定番ですからね。
あの勇壮な姿の熊本城が、地震で滅茶苦茶になった姿は、
熊本県民にとっては、特に大きなショックでした。
今回、その復興ぶりをみて一安心しました。
時間は長くかかりますけど、必ず元通りに立派なお城になると思います。
コメント有難うございました。
kimie
2019年11月17日 19:52
としさん
こんばんは。
熊本に帰省されていたのですね。
街中を懐かしく散策されたようですね。
夫の姉が長崎に住んでいます。
徳島から長崎に行くとき、松山よりフェリーで九州に渡り、
熊本はよく走りました。
美しい熊本城内もゆっくりと見せてもらいました。
熊本城、早く復旧するといいですね。
2019年11月17日 21:10
徳島→松山→九州→熊本→長崎ですね。
学生時代に高松の友人と一緒に同じコースを走ったことがあります。
熊本へ来られた人は、先ず水前寺公園や熊本城を訪れるのだと思います。
大変に大きな城でして、熊本城は熊本県人にとって誇りでもあり、シンボル的な存在となっています。
復興に20年かかるとは言われていますけど、何としても頑張って復興して欲しいと願っています。
2019年11月17日 22:35
熊本地震の 数年前に 熊本城に行きました。
料理の名前は 忘れましたが 昔のお殿様が
召し上がられた料理を お城の中で 食べましたよ。
テレビで 美しくなった 天守閣をみて 
良かった~と思いましたが まだ 20年も
かかるのですね。美しくなった 熊本城を
みるのは たぶん 無理ですが 復興を
期待しています。
2019年11月18日 10:12
地震の前の熊本城に行かれたのですか。それは良かったですね。
お殿様の料理というのは、私は食べた事がないですが、どんな料理なのでしょうか。
当時の大名は、意外に質素な食生活だったのではないかなと想像しますが。
復興まで20年と言われています。
私は、見られませんが、フラバーバさんなら大丈夫でしょう。
復興後の熊本城について、ブログに写真アップしたりしてるんじゃないですか。
2019年11月18日 14:06

 こんにちわ☀

昨日は拙ブログにお越し下さりどうもありがとうございました
昨日は孫の七五三で 画像の追加をすませたところです

ご郷里は熊本でいらっしゃるのですね
九州へはツアー旅行で一度出掛けたことがあり阿蘇山などに立ち寄りました
熊本地震からの完全復興には今しばらくお時間を要するようですが
一歩ずつ着実に再建なされているご様子で何よりです
としさんのエールに併せ神奈川県からもエールを送らせていただきます
2019年11月18日 16:44
お孫さんの七五三だったのですね。熊本の神社でも七五三のお子さん連れを沢山見ました。
お孫さんの成長が、楽しみですよね。
九州へは、ツアーで行かれたことがあるのですか。
阿蘇山は雄大で、草千里の広々とした草原や、赤牛ののんびり寝転ぶ様子などを見ると、気持ちが大らかになります。
熊本城の本格復興には、随分と時間を要するようですが、熊本県民が一体となって取り組んでいるようで、安心しました。神奈川県から小枝さんのエールを頂いて、更に心強い限りです。
コメント有難うございました。
2019年11月19日 07:22
復興が進んでいますね
頑張って欲しいです
年に一度の帰省
街も変わってしまうのですね
帰省夢でしたが
親戚や家族ほぼ横浜人なので
叶いませんでした
素敵な3日間だったのでしょうね
2019年11月19日 09:10
崩れた石垣の状態をみるにつけ、復興の大変さを痛感しますが、一歩一歩地道に進んでいるようです。熊本では、「一口城主」と言って、1万円だったかな?寄付した人に「一口城主」という認定書をくれるらしいです。詳細は知りませんが、かなりの寄付が集まっているようです。復興は熊本県民共通の悲願ですからね。

ジュンさんは、ご家族が皆さん横浜ですか。横浜はオシャレで、私などからすると、それこそ憧れですよ。
ちょっと学生時代の事を思い出しました。
夏休みのたびに帰省したのですが、東京の友人から「田舎へ帰るのか?」と言われるたびに、「それほど田舎じゃないんだぞ!」とムカついたものです。
友人曰くには、「いなか」というのは、そんな悪い意味じゃなくて、「郷里」という意味で、東京に住む者としては、郷里があるというのは、羨ましいことなんだ。と言われて納得したものです。
しかし九州から上京する学生にとっては、お小遣いに不自由しない東京の友人が、やはり羨ましかったものでした。