令和2年「新年句会」

所属している句会(支部)の「新年句会」が開かれました。
毎年、句会の朝には会員が、京都・大阪あたりの神社に初詣をします。

s阪堺線.jpg
今年は、住吉大社に参拝するということで、私は天王寺から、阪堺線(チンチン電車)で、一路住吉大社へ。

s住吉大社1.jpg
s住吉大社.jpg
住吉大社の創建は7世紀終盤で、全国にある住吉神社の総本山です。

s太鼓橋1.jpg
s太鼓橋.jpg
朝から、シトシトと雨降りでしたので、名物の太鼓橋を渡るのが怖い。
高いヒールを履いた女性などは、本当にこわごわ、ゆっくりと渡っておりました。

住吉大社の白馬祭(大阪).jpg
少し時間的余裕を見て、早めに行ったところ、「白馬祭り」という神事が行われていて、幸運にも真近に見ることが出来ました。

s廣田屋.jpg
s豆ごはん.jpg
「今年こそ、良い俳句が作れますように」と祈願した後、昼食の時間となったので、豆料理で有名だという「廣田屋」さんで、昼食を取りました。

腹もくちた後、南海線で新大阪の句会場へ移動して、メインイベントの「新年俳句会」です。

私の句。
元旦や固き鼻緒の下駄下ろす   俊童

年酒受く鶴亀の軸讃へつつ   俊童
この2句が、珍しく好評でして。
このような賞品を頂きました。

s賞品.jpg

句会の後は、中華料理店で、親睦会です。
実に和やかな楽しい会になりました。
紹興酒を随分と飲みましたが、とても気分よく酔うことが出来ました。

今年こそ住吉大社の御利益によって、良い句が沢山作れますように!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年01月09日 21:40
こんばんは。
今年も良い句がたくさんできると良いですね。
本年もよろしくお願いいたします。
2020年01月09日 22:57
コメント有難うございます。
今年、いい句が沢山作れたらいいなと思っています。
tamachanさんも、いい絵が沢山描けたらいいですね。
ご活躍を祈念しております。
またブログ覗かせて頂きます。
2020年01月10日 09:07
おはようございまうs。いい句ではありませんか。私も絶賛します~♫
すごい~。

俊童とは俳句のお名前ですね。日本国際詩人協会でも、ネオエポックハイクをいつもしておられます。

でも私は少しにがて、です。和歌や短歌などはできます。ネオエポックハイクは、季語がなくてもよいし斬新なことばでもOKです。そこまでの余裕はまだありません。
2020年01月10日 09:19
こんにちは

新年句会ですか。
住吉大社にお参りに行かれるんですね。
毎年の恒例行事なんですね。
きっとご利益がありますね。
2020年01月10日 09:51
孫にはお守りを手渡すだけで
いろいろと頑張って欲しいです
「白馬祭り」という神事
ご覧になられて良かったですね
素敵な句です
わからない私でもスッと入って来ました
幸先よいスタート1年俳句を楽しんで下さい
2020年01月10日 15:33
拙い俳句ですが、お褒め頂いてありがとうございます。
句会では、昭和の頃の正月を思い出すという感想が多かったです。
俊童というのは、俳号です。
年老いても童のころの感受性を失わずに、自然に向き合いたいという思いをこめた名前です。
2020年01月10日 15:36

新年句会の時は、いつもは八坂神社が多かったのですが、東寺とか、北野天満宮とかもお参りに行っています。毎年の恒例行事です。
ご利益があれば嬉しいです。
2020年01月10日 15:40
「白馬祭り」を11時頃からやっていまして、運よく見ることができました。
7日でしたが、まだまだ参拝客は多かったです。
住吉大社の太鼓橋は、初めて渡りましたが、雨だったので、かなり用心しないと怖かったです。
正月の俳句は、いつも不出来なのですが、今回の句は、昭和の頃の正月の情景を思い出して作ったので、共感を得られたのだと思います。
今年1年、いい俳句が出来れば嬉しいのですが。
kimie
2020年01月10日 20:01
としさん
こんばんは。
住吉大社は、以前、妹宅を訪れた折、参拝し太鼓橋も渡りました。
お日柄も良い日で花嫁さんにも出会えました。
「白馬祭り」の神事があるのですね。
としさんの句、気持ちよく入ってきました。
俳句をしている友人も居るので興味はありますが、難しそう。
2020年01月10日 21:41
住吉大社と言えば、太鼓橋が有名ですね。
大阪では、正月ともなると多くの人が参拝に訪れて大混雑ですね。
私は、天王寺から阪堺電車で行ったのですが、路面を走るチンチン電車風で、楽しかったです。
今回、白馬祭りが見れたのはラッキーでした。
俳句は、感性の問題なので、やっている長さだけではないですね。
なかなか上達しません。
ともくん
2020年01月18日 14:33
写真の色合いから、住吉大社の素朴で飾らない古色蒼然たる雰囲気が伝わってきます。名物の太鼓橋の景観が実にユニークです。新年句会でのとしさんの新作、優秀と評価された由、さすがの一言です。俳句についてはほとんどわからない自分ですが、テレビでプレバトを毎週みている内に、何となく少しわかった気分になっています。元旦や・・・の句を目にしたとき、素晴らしい句に思えて感動すら覚えました。新年の初々しい情景が目の前に浮かびます。住吉大社の御利益もあって、いい句が沢山生まれることでしょう。
2020年01月18日 17:37
コメント有難うございました。
住吉大社に行ったのは3回目ですが、太鼓橋が特徴ですね。
反りが急で、一段一段の幅が狭いので、足が置き難く、不安定でちょっと怖いです。
7日になれば、初詣も一段落しているだろうと思っていきましたが、まだ松の内でもあり、たいそうな人出でした。白馬祭などを見に来た人も多かったのかも知れません。
俳句の方は、感性の問題なので、長くやっていても、なかなか上達はしません。
今回の句は、昔の昭和の頃の正月を思い出して作ってみました。
「元旦や固き鼻緒の下駄下ろす」
今は、下駄を履く事自体が少なくなりましたが、昔は新しい下駄を元旦に下ろして履き始めるようにしていました。正月には何事も新しくしたいという事だったと思います。
まだ使っていない下駄というのは、鼻緒が固いのですよね。これを履きやすいようにほぐして履いたものです。句会では〝固き″が、良いという評価を頂きました。
「年酒受く鶴亀の軸讃へつつ」
年始のご挨拶に行った家で、お酒を頂きながら、床の間の掛け軸を褒めている情景です。正月らしいという評価の一方で、「年酒」と「鶴亀」は、即き過ぎではないかという意見もありました。確かに「鶴亀」は目出たい象徴のようなもので、正月には即き過ぎかも知れません。
俳句もなかなか難しいもんですね。