映画「男はつらいよ お帰り寅さん」

寅さん.jpg
最近、しばらく映画を観ていなかったので、何か観ようとネットで探したところ。
寅さんシリーズの50作目が、公開されているとかで。
かなり評判も良さそう。

私は、数十年前は近くにレンタルビデオ屋があったので、寅さんシリーズは、40数作を殆ど全部観ています。

渥美清さんの死後20年以上になるのに、どんな映画になるんだろうと興味を持って観に行きました。

監督:山田洋次

出演
渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、夏木マリ、
浅丘ルリ子、ほかマドンナが多数。

解説
渥美清主演「男はつらいよ」シリーズ50作目の人間ドラマ。
山田洋次がメガホンを取り、寅次郎の甥の満男と初恋の人イズミが再会する物語となっています。

ゴクミ.jpg
感想
過去の映像も上手く織り交ぜて、笑いあり、涙ありの、いい映画に仕上がったなという感じを持ちました。

寅さんを取り巻く懐かしいマドンナ達の映像が、続々と出て来ます。

吉永小百合、田中裕子、松坂慶子、八千草薫、浅丘ルリ子、若尾文子、樫山文江、栗原小巻・・・

倍賞千恵子の若い時というのは、初々しくて実に可愛いですね。

それに後藤久美子の高校時代の可愛いこと。現在は実に魅力的な大人の女性になっていて、語学力も素晴らしい。

冒頭の桑田さんの歌は、渥美清さん本人の歌の方がいいなあという感じがしました。桑田さん、歌はうまいけど、寅さんの声に浸りたい気分でしたから。

映画を観ていて、わけも分からず、なんだか涙腺が緩むのを感じました。
これは歳のせいなんでしょうか。

ま、この映画。
観て損はないと思いました。
とにかく、若い頃のマドンナ達が観られるだけでも、懐かしいし、嬉しいし。

★★★★☆(4.2は、付けたい気がします)

私は、冷酷なハゲタカが会社を売り買いするような映画も好んで観ますが、寅さんシリーズというのは、全く対極にある映画ですね。
寅さんには何か奥底の方で、人の心をあったかくしてくれる力がありますよね。
私は、やはり、これからもずーっと寅さんのファンだと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年01月12日 23:34
こんばんは

寅さん、私も観ましたよ。
歴代マドンナ登場は嬉しかったですね。
メロンのシーンは愉快すぎます。
ただ。。。
ゴクミ。。。
あの演技、ひどくなかったですか。
めっちゃ棒読みでしたよね。
びっくりしました。
2020年01月13日 08:53
寅さん、やっぱり観られたんですか。
歴代のマドンナは、みな若くて綺麗でしたねえ。
全部、名前分かるし、懐かしかったですねえ。
メロンのシーンは、傑作でしたね。笑っちゃいました。
メロン一切れで、あれだけの騒ぎになるんですから。
寅さんらしいですね。
ゴクミの演技ねえ。
もともと女優として、それほど実績のある人じゃないし。
あんなもんでしょうね。
何十年ぶりに、よく出る気になったなあと思いました。
流石に、外国生活が長いので、語学は上手くなったようですね。
2020年01月13日 18:18
こんばんは。とらさんは懐かしいですね。毎日ほどテレビで放映されていましたから。
主人もすきでした。私はテレビを見る時間がなかったのでが、かかっているとちらちらとみえますので、よくしってはいます。

人情深い下町の、明るさや皮肉も込めて山田洋次監督も一生懸命に生きられたのだと思います。

そしてふとした恋愛も~。いつも失恋ばかりでかわいそうなとらさんですが、妹にはやさしく。

マドンナを作って、盛り上げたり、凄く上手な人間味あふれる内容ですね。
復活したらどんな風になるのでしょう。

としさんも感動されるくらいだからきっと良いしあがりになっているのでしょう。機会があればみたいです。
2020年01月13日 22:55
秋月さんは、ご多忙な方だから、じっくり観るというのは、なかなか出来難かったでしょうが。
私は、数十年前からビデオで借りて、シリーズの殆どを観ました。
各回ごとにマドンナが出て来て、必ず寅さんが好きになって、そしてフラれるというパターンです。
パターン化されてはいますが、それが不思議に可笑しくて、観て楽しい、そしてジーンとくる。
そんな映画なんですよね。
マドンナは、その時々の人気女優さんですから、今回はそのマドンナの若かりし、可愛い顔を拝めて大変に懐かしい思いでした。観てよかったと思いましたよ。
2020年01月14日 06:39
宣伝していますね
すみませんです・・・
一度も鑑賞したことがないのです
今度観たいと思います
2020年01月14日 08:52
こんにちわ
懐かしいですね
今回のはまだ見ていないですが
一度見たいと思っています
ゴクミが出るとTVで宣伝
していますね
2020年01月14日 17:00
かなり宣伝していますね。
後藤久美子さんが、何十年ぶりかで出演しているということでも注目を集めている原因だと思います。
後藤久美子さんの演技は、棒読みで評判よくないようですが、久し振りの出演で懐かしい気がしました。
寅さん人気は今も健在ですね。舞台が、葛飾柴又という下町ですからね。何か昭和の頃を思い出させるような、ほっこりした雰囲気の映画です。
2020年01月14日 17:03
ゴクミもそうだし、過去のマドンナ達が、ちょこちょこ出てきますよ。
皆さん若くて一番美しい時ですからね。懐かしいですよ。
昔の映画のシーンも織り交ぜて、うまく作ってあります。
とても楽しめました。