「新版・福翁自伝(角川ソフィア文庫)」

人福沢.jpg

今、日韓関係は、泥沼の様相を呈してきましたね。
今後の日本外交は、どうあるべきなのでしょうか。
そう言えば。
福沢諭吉は、明治時代の初めに、既に「脱亜論」を展開していました。
「脱亜論」を唱えた福沢とは、どんな人だったのでしょうか。
その人となりを知ろうと読んでみた本でした。

本福沢.jpg

福翁自伝」とは、言わずと知れた福沢諭吉の自伝小説です。
教育者、思想家と言うと、さぞ説教臭い本かと敬遠しそうですが、全く違います。
読んでみると彼の人となりが、決して石部金吉でなかったことが分かって可笑しいくらいです。

彼の人となりを、どういうキーワードで表現すれば良いかというと。
悪戯好き、無鉄砲、器用、無頓着、超然、大酒飲み、と言った感じでしょうか。
幼い頃から随分と悪戯もしております。

隣村のお稲荷さんの御神体の札を、こっそり捨てて石ころに変えておいた。

旅の途中で金が無くなったので、宿屋に偽の紹介状を書いて泊めてもらった。

人が購入した原書をこっそり盗写し、その翻訳を条件に適塾の食客となった。
等々、数え上げたら切りがないほどヤンチャをやっております。

彼は、中津で漢学を学びましたが、その古めかしい藩閥制度に嫌気がさして、長崎、大阪、江戸と住まいを移します。その中で大阪の緒方洪庵の適塾に入り、洋学を学んだ事は、その後の彼の人生を左右したように思います。

彼は、立身出世などには、とんと関心が無く、ひたすら蘭学の翻訳に打ち込みます。
そして西洋文明に触れたくて、咸臨丸で渡米。アメリカでは、馬車、絨毯、氷、ダンス、豚の丸煮等々、生活の何でもない事に心から驚きます。

その後も欧州で病院、銀行、郵便、徴兵、選挙、議会の優れた仕組みを目の当たりにするにつけ、東洋と西洋の文明の差を痛感。彼我の差は国民の教育に原因があると考えます。

東洋の儒教主義に対して、西洋の文明主義は、数理学を重要視し、独立心を養うことを教えている。文明開化の為には、障害となる腐儒・腐説を日本から一掃しなければならぬという考えが、彼の「脱亜論」や「独立自尊」の考えに繋がっていきます。

彼は、後に慶應義塾を創設し、西洋文明の案内役に勤めることを目指します。
交際も広く政治のことも良く分かっているにも関わらず、新政府から何度招聘されても政治の道に入ろうとはしなかったのは、超然とした福沢諭吉の生き方が、仕官そのものに馴染めなかったからなのでしょう。

この本を読んで、福沢諭吉の開明的で飄々とした人生を、とても魅力的なものと感じました。

"「新版・福翁自伝(角川ソフィア文庫)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント