嘘つきアーニャの真っ赤な真実

嘘つきアーニャ.jpg

シニアカレッジの世界史の先生に勧められて読んだ本です。

著者の米原万里さんは、作家であり、ロシア語の同時通訳者です。
彼女は、9才~14才まで、父親の仕事の都合でチェコに住み、プラハのソビエト学校で学びました。

彼女が学んだ1960年~1964年の頃のソビエト学校には、50ケ国以上の子供達が、在籍していました。

本作はそのソビエト学校で仲の良かった3人、リッツァ、アーニャ、ヤスミンカとの思い出について書いた本です。

彼女が、1964年、日本に帰国して以降、友人3人の母国ギリシャ、ルーマニア、ユーゴスラビアは、激動の時代を迎えます。
彼女が、数十年後に会いにいった時、3人はそれぞれ母国の厳しい歴史に翻弄された深い精神的傷を負っていました。

世界史的観点からは、次のような事柄が、頻繁に登場します。
・プラハの春
・ソ連共産党、中国共産党、日本共産党の関係
・ビロード革命
・ルーマニアの民主化
・ユーゴスラビアの民族紛争
・西欧と東欧の歴史的確執
・カトリックと東方正教の関係

この本は、まさに20世紀後半の激動の東ヨーロッパ史を個人の視点で切り取った珠玉のノンフィクションと言えるでしょう。
著者の米原万里さんは、2002年本作で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しています。

文学としても世界史の学習としても、これほどの作品はなかなかないのではないでしょうか。

★★★★★(文句なしの星5つ。お勧めです!)

"嘘つきアーニャの真っ赤な真実" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント