夏井いつき俳句ライブ

今日は、「夏井いつきの俳句ライブ」に行ってきました。 夏井いつきさんは、テレビのプレバトで大人気の辛口俳句先生です。 場所は、京都と奈良の間あたりでしょうか。 「けいはんなプラザ」というところ。 13時30分の開場とともに入場したところ、既に多くの俳句ファンが詰めかけており、会場は熱気ムンムン。 夏井先生の登場を待つば…
コメント:1

続きを読むread more

「朝鮮戦争(芝豪著:講談社)」

韓国との外交が、氷河期を迎えています。 近現代史には、もともと弱い私ですので、こういう時こそ朝鮮半島の歴史を勉強しておこうと思い読んでみた本です。 自分なりに記憶している点をメモして残しておきます。 ★ 関係国のリーダー達 スターリン 生前レーニンも警戒していた人物で、粛清に次ぐ粛清で権力を握った冷酷無比の指導者であ…
コメント:0

続きを読むread more

気の向くまま(20190324)

フィギア・スケート 羽生選手もよく頑張ったと思いますよ。長期の怪我療養の直後に300点越えたんですから。それにしても19才のネイサンチェンの323.42点には、脱帽です。 今後は、二人の熾烈な競争が続くことでしょう。 最近のフィギアスケート界は、4回転をフリーで4回入れるとか、想像を絶する競争になって来ました。…
コメント:0

続きを読むread more

気の向くまま(20190323)

イチロー もうテレビは、どのチャンネル回してもイチローの事ばっかり。 ま、確かに彼の業績は、物凄いものがある。 面倒なので数字は省略するが、イチローの記録を前にすれば、野球界のご意見番達も下を向かざるを得ないだろう。 ところで、引退後に彼は何をやるんだろうか? 私は、俳優になれば良いと思う。彼の出演したドラマを一度…
コメント:0

続きを読むread more

「民主主義とは何なのか(長谷川三千子著:文藝春秋)」

イギリスは、一体どうしたんでしょうか? 民主主義のお手本だと思っていた国が、大混乱をきたしています。 フランスもデモが多発。 ドイツも首相の求心力が低下。 アメリカに至っては、大統領自身が国にとって最大のリスクと言った具合。 かく言う我が国の国会も、非生産的な議論の応酬で不能率極まりない。 こうしてみると。 ひ…
コメント:0

続きを読むread more

花粉症は大丈夫ですか?

今日は、長くは書けません。 もう、花粉症で大変です。 皆さんは大丈夫ですか? やる事が、いっぱいあるのに何事にも集中できません。 猛烈な咳で眠りが浅く、鼻水、涙、全体の倦怠感。 去年まで花粉症など、他人事だと思っていましたが、こんなにシンドイものだとは。 マスク、抗生物質、咳止め、点鼻薬、目薬を使用中ですが。…
コメント:0

続きを読むread more

米朝会談が決裂したらしい。

やっぱ、ダメでしたか。 ま、「人の話を聞かない不動産屋のおっさん」vs「我儘な3代目のボンボン」ですしね。 もともと外交経験は、皆無だった2人なので、こんな事もあるんでしょう。 そりゃそうと。 ランチを準備していたのに。「急遽中止!」とは。 コックさん達にすれば。 「これ、ど・ど・どうすんのぉ・・・・・」と言った…
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」「映画ファーストマン」等々

難しい??? 月はどうして毎日約50分づつ遅れて出るのかな? これを計算上で理解したいと思うのですが、どうにも分かりません。 地球は自転し公転している。月も自転し公転している。 両方が動いているし、おまけに地球の軸は、23度ほど傾いているそうだ。 考えるほど分からなくなります。 この程度で、悩んでいるんですから、…
コメント:0

続きを読むread more

風と俳句

日本語には、気象に関する言葉が沢山ありますが、そのいずれもが麗しい響きを持ち、その時々の季節の情趣を豊かに表現しています。 前回は、「雨」について調べましたが、今回は、「風」に関する季語を、歳時記から拾って勉強してみました。 出典「俳句月別歳時記(高橋悦男編:博友社) ★ 春の季語 春一番 [傍題:春一、春二番、春…
コメント:0

続きを読むread more

独り言(20190217)

ガラ系の次は、「ガラホ」 知っていましたか? 先日、妻の携帯の件でショップに行ったら、ガラ系の携帯は、2020年9月を最後に使えなくなると言われました。時期は携帯によって多少違うかも知れませんが。 携帯が使用している3Gサービスが停波するので、どの端末も早晩使えなくなるようです。 次世代5Gの競争が熾烈化するので、こ…
コメント:2

続きを読むread more

笑いましょ!

私は、バカバカしいお笑い番組もよく観ています。 本当にオカシイのは、腹を抱えて笑います。 笑うのは、間違いなく健康に良いと信じています。 「笑いって何だろう?」なんて時折考えますが。 笑える条件というのが、いくつかあると思う。 笑いのオーラというのがある。 ・その人が出て来ただけで既にオカシイ。 ・今いるそ…
コメント:0

続きを読むread more

情報の大切さ

大変厄介な大統領ではありますが。 トランプ大統領の功績を1つ挙げるとすれば。 世の中に情報の大切さを認識させた事があるんじゃないでしょうか。 就任以来、fake-newsという言葉を頻繁に耳にするようになりました。 何が、fake-newsなのか、判断するのは、各個人なのですが。 米国は勿論、韓国はその点、今どんな…
コメント:0

続きを読むread more

世の中混沌としてきました。

いやあ・・今、世界中が、大荒れですね。 米中の覇権争い、英国のEU離脱問題、フランスvsイタリアの不仲、イラン核合意破棄、INF条約破棄、数え上げれば、もっともっと。 かく言う日本を取り巻く政治情勢にも大変な地殻変動が起きつつあります。 朝鮮半島の南北融和が急速に進み、2回目の米朝首脳会談も核を残したまま合意してし…
コメント:0

続きを読むread more

雨と俳句

俳句を作る場合は、自然界の営みを客観的に写生することが大切と言われています。 森羅万象、いろいろある中で、今日は、雨について考えてみました。 一言に雨と言ってもいろんな雨がありますね。 いきなり降り出す雨、しとしと降る雨、ざーつと強く降る雨、雨雲がないのに降る雨・・等々、いろいろです。 古くから農耕が重要であった…
コメント:2

続きを読むread more

忌日俳句のこと

俳句で詠まれる忌日というのは、どのくらいあるんでしょうか。 「俳句月別歳時記(高橋悦男編:博友社)歳時記」から拾ってみました。 忌日俳句の心得: 忌日俳句の詠み方の注意として、「自分の師であるか、その人物について充分な知識があるか、でなければ軽々しく忌日俳句を詠むべきではない」という方もいるようです。 歳時記をみて、「今…
コメント:0

続きを読むread more

月と俳句のこと

古来、多くの俳人が夥しい数の俳句を詠んでいますが、その中でも月ほど多く取り上げられた句材はないのではないでしょうか。 それだけに句会で、「月」という兼題を頂くとつい身構えてしまいます。 月に関しては、過去に有名な俳人によって沢山、沢山、素晴らしい名句が詠まれているため、つまらない俳句を作ると余計に目立つと思うからでし…
コメント:6

続きを読むread more

江戸時代の生活

「時蕎麦」の16文っていくらぐらいかなあ? 「草木も眠る丑三つ時」って何時頃かなあ? 時代劇が好きなのでよく観ますが、お金の勘定とか、時間の数え方とかが、よく理解できていないので、ちょっと調べてみました。 貨幣制度 江戸時代の貨幣は金・銀・銅の3種類からなり「三貨制度」と呼ばれている。 家康は貨幣制…
コメント:0

続きを読むread more

「二十四節気」のこと

   おのが穴に啓蟄の蟇日を入るる   山口青邨    ごんごんと芒種の水を飲み干せり  夏井いつき    猪垣のほころびゐたる雨水かな   大石悦子 二十四節気について勉強してみました。 人間社会の各種行事は、暦によって天体の運行(宇宙のリズム)に合うようになっているんですね。 要点をメモしておき…
コメント:0

続きを読むread more

「なぜ日本だけが成長できないのか(森永卓郎著:角川新書)」

この日本、何か停滞気味です。ちょっと気になるタイトルだったので手に取ってみました。 著者は、よくテレビでも見かける森永卓郎氏。 ライザップの宣伝にも出ていましたが、コメンテータとしては、何故か〝バカにされキャラ″のイメージが強い気がします。 読んでみると、思いのほか詳細なデータを駆使して日本経済の在り方について種々論じ…
コメント:0

続きを読むread more

独り言(20190123)

ビール 昔の上司に「今、世界にはお前と全く同じアイデアを持つ人間が最低3人はいると思え!」と言われたことがあります。 確かに人は、時として似通った発想をするもんですねえ。 何が言いたいかというと。 ビールのデザインですよ。上の二つはよく似ていますねえ。 先日、間違えて買った後で気が付きました。こんな事もあるから注意しま…
コメント:2

続きを読むread more

サラリーマン川柳の選句

自分なりに選句してみました。 サラリーマン川柳は、確かに時代を反映していますねえ。 第1部:実際の自分の経験 天:『手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち』(忘却の人) 地:『顔認証 今では無理な クラス会』(ご同輩) 人:『来春は 10連休だが 定年後』(蓼喰う虫) 第2部:サラリーマン、多分あるある 天『…
コメント:2

続きを読むread more

独り言(20190117)

俳人協会の新年会 「俳人協会」関西地区の新年会に出席してみました。場所は天王寺の都ホテル。 「俳人協会」とは、有季定型派の俳人の集まりで、1961年に設立されました。初代会長は中村草田男、現会長は大串章、会員数は約15,000人です。 新年会の出席者は約220名。 見渡すと茨木和生、小川軽舟、三村純也等々・・、「…
コメント:0

続きを読むread more

映画「ボヘミアンラプソディー」

凄く評判の映画なんですね。年賀状に2回観たと書いて来た人もいるし、「是非観るべきです!」と勧めてくれる人もいる。 世の中の動きには、なるべくついて行かなくてはと思う主義なので、観に行って来ましたよ! ド田舎の映画館ですからねえ。 開演15分前でも観客は3人ポッキリ。その後に少し増えて15人くらいになったかな。 この映…
コメント:0

続きを読むread more

独り言(20190114)

最近、国際情勢もいろいろありましたねえ。 「こういう時こそ冷静に」な~んて思いますけど。 しかし、呆れるやら、腹が立つやら。 私も、単なる〝ネトウヨ″になりそうで、ブログ書くのも控えておりましたが。 レーダー照射問題 政治はダメでも、軍同士はうまく行ってると思っていたが。 大統領次第で、こうもなり…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

謹賀新年! 明けましておめでとうございます。 このブログも10年目に入ります。 今年も、ほそぼそ書きますので、よろしくお願い致します。 いやあ孫っちが帰って行きましたよ。 風邪で発熱、夜中の中耳炎、階段から落下・・・ ま~大騒ぎで、大変でした。 大晦日は、「紅白歌合戦」をチラ観しながら、メインは「年…
コメント:2

続きを読むread more

独り言(20181224)

IWC脱退 日本が、IWCを脱退するそうですが。聞いた時ちょっと嫌な感じがしました。 戦前の国際連盟脱退の件を思い出したり、な~んか感じ悪いです。 私も子供の頃は、鯨はよく食べた記憶があります。 確かに他国が日本の食文化にあれこれ言うのは、腹が立つし、「ほっといてくれ」と言いたくもなります。シーシェパードの無法な動きも許…
コメント:0

続きを読むread more

聖武天皇の譲位・出家

町の講演会を聞きに行きました。 講師は、立命館大学教授・本郷真紹氏です。 話の中で、記憶に残った点のみ箇条書きでメモしておきます。 古代の争乱 ・古代の争乱は、全てが皇位継承が原因となっている。 ・蘇我氏vs物部氏の争いも仏教導入が主たる原因でない。 ・蘇我氏vs物部氏の争いの本質は、皇位継承が原因。 …
コメント:0

続きを読むread more

忙しい。忙しい。

師走は、やることが多くて忙しい。 久々に、大急ぎでブログ書くことにしょ。 紀平頑張れ! 凄いスターが生まれましたね。紀平選手。 これまでザギトワやらメドベージェワやら、ロシア選手は次元の違う演技で、とても日本人が追い付けるとは思わなかったですが。 この紀平選手は、大物ですね。 トリプルアクセルが凄いだけじゃない。…
コメント:2

続きを読むread more

京都(高台寺周辺)で吟行会

(*)写真をクリックすると大きくなります。 京都の吟行会に参加しました。吟行地は高台寺周辺です。 天候にも恵まれ、穏やかな小春日和です。 コースは次の通り。 四条河原町→昼食(いもぼう)→八坂神社→月真院→高台寺 →圓徳院→句会&懇親会(美濃吉烏丸四条店) いもぼう いもぼうの創業は、300年前の享…
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖畔秘仏巡り

会社で同期だった友人たちと琵琶湖畔をドライブし、寺々の十一面観音を拝観して回りました。 メンバーは、M、I、K、Oの4氏と、としさんの5人です。 長浜に10時集合。運転はK氏。 コースは、 (午前中)渡岸寺→赤後寺→昼食→湖北野鳥センター (午後)己高閣→鶏足寺→石道寺→米原でcafé 17:30解散 …
コメント:0

続きを読むread more