嘘つきアーニャの真っ赤な真実

シニアカレッジの世界史の先生に勧められて読んだ本です。 著者の米原万里さんは、作家であり、ロシア語の同時通訳者です。 彼女は、9才~14才まで、父親の仕事の都合でチェコに住み、プラハのソビエト学校で学びました。 彼女が学んだ1960年~1964年の頃のソビエト学校には、50ケ国以上の子供達が、在籍していました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more