「司馬遷(武田泰淳:講談社文芸文庫)」

司馬遷.jpg

シニアカレッジの世界史の先生による推薦本6冊目です。

武田泰淳は、小説家だと思っていましたが、こういった文芸評論風の本も書くんですね。
本人によると、小説よりこちらの方が好評なのだとか。

偉大な司馬遷に関する本です。ちょっと読んでみました。

司馬遷像.jpg
司馬遷とは
司馬遷(BC145~BC87)は、歴史家の家に生まれ、前漢・武帝に仕えた。

歴史家が、記録を書くと後世までそれが真実として残るわけであるから、
・何を書き
・何を書かないか
この判断は、司馬遷にとって命を掛けた厳しいものであった。

彼は、匈奴に投降した李陵という人物を弁護した為、武帝の逆鱗に触れ宮刑(去勢)という最悪の恥辱を味わい生き恥をさらした男である。

「史記」とは
・伝説の5帝の一人である「黄」から、前漢の「武王」までを記す歴史書
・中国最初の正史で、紀伝体で書かれている。
(*)編年体=年代ごとに並べて書く形式
(*)紀伝体=人物の逸話を中心にまとめる形式。

「史記」の世界
・司馬遷の時代は、漢が「世界」の全てだった。
・歴史を動かすのは、政治的人間である。
・歴史を語るには、人間個人を語らねばならない。
・世界は、聖王と悪王が動かしている。

「史記」の構成(全130巻)
本紀12巻・・・・・・・・・帝王1代の事跡
・世家(せいか)30巻・・・・名家の家系
・表10巻・・・・・・・・・・年表
・書8巻・・・・・・・・・・・礼書、楽書、律書、等々の書
・列伝70巻・・・・・・・・・著名な人臣の伝記

本紀の構成
本紀12巻とは。
「五帝」「夏」「殷」「周」「秦」「始皇帝」「項羽」「高祖」「呂后」「孝文」「孝景」「孝武」

「始皇帝も不安で脅かされ苛立っていた」と、1個の人間として描いている。

大胆にも、漢の始祖に関する「高祖本紀」の前に、漢の敵である「項羽本紀」を書いている。

s項羽と劉邦.jpg
項羽と高祖(=劉邦)という二人の絶対者の気性の違いを対比して描いている。
  ・項羽は、粗暴で烈火のように燃え盛る気性
  ・高祖は、知略があり、計画的なかわりに、どこか受け身

「本紀」を読むと、意欲溢れる「項羽本紀」と比べて、「高祖本紀」は、影が薄く物足りない。高祖は、高祖個人でなく周囲の人物をうまく操ったということが、周囲の人物達の「列伝」を読めば、分かる。

鴻門の会
項羽と高祖の両巨頭が、面会する場面を、いかにも真実らしく書いている。
項羽が、高祖を殺そうとしている場へ高祖が謝りに行く場面。
ドラマチックだが、かなり作り話が混じっている。

呂后.jpg
呂后
高祖が死んで、孝景帝が即位すると、世界の中心は、呂后(高祖の皇后)の手に移った。
呂后は、世にも恐ろしい殺人者である。「漢書」では、さしさわりない部分だけを記録しているが、司馬遷は「史記」の「本紀」にその暴虐ぶりを記録している。

(*)漢書=後漢の時代に前漢の事を記した歴史書で、「帝紀」「列伝」「表」「志」から成る。

★★★☆☆(3.1 史記について理解は進むが、小難しい)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全然関係ないですが、北朝鮮の「青い山脈」をお楽しみ下さい。
     ↓
https://www.youtube.com/watch?v=6GTx_zPckwY

軽快で、とてもいいですね。日本語が上手ですね。
拉致、核、ミサイル、違法イカ釣り、さえなければ、お友達になれるのにねえ・・・・


ついでに。
巨人ファンとしては、今夜の「巨人 vs 阪神」が、気になります。
阪神の先発は、4年目190センチ右腕の望月。

8月に初勝利を上げたらしくて、めっぽう球が速いらしい。
巨人は、こんなタイプに弱いんですよお。
優勝決めて、試合から遠ざかっているのもマイナス。
気になる、気になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月09日 16:46
こんにちは。シニアカレッジのおすすめの本ですか、おもしろそうですね。
中国の歴史がこの本でも学べそうですね。

今夜のクライマックス戦~阪神は今強いですね。亡き主人はめちゃ巨人ファンでした。でも私は阪神かといえば、そうではありません。

でも奇跡もおきるかも~しれません。

2019年10月09日 18:28
シニアカレッジの授業は、若い時と違って、なかなか頭に残りませんが、参考図書を紹介してくれるのが、助かります。今回の「司馬遷」を読んで、「史記」について、また著者の司馬遷について、かなり理解できました。
ただ、今回の本は、やや小難しいので、もっとサラッと気楽に読める本の方が、いいんですけどね。

「巨人vs阪神」ですけど。
なんだか、阪神が妙に気合が入って上昇ムードなのが、気になります。
もし阪神が勝ち抜いたら、ホントに奇跡という事になりますけどね。
どうなるか、ドキドキです。
2019年10月10日 09:19
こんにちは。

司馬遷ですか。
私は中国の歴史は三国志も含めてからっきしです。
でも面白そうな本ですね。
2019年10月10日 09:38
私も、中国の歴史は、詳しくないです。
今回の本は、小難し過ぎて、ちょっと嫌でした。

でも。
「三国志」の話は、かなり面白そうですよ。
私の友人が、「三国志」について、えらく詳しいので、聞いていたら、
どうも「三国志」の漫画で仕入れた知識らしかったです。

最近の漫画は、バカに出来ないようで、かなりエライ先生が、監修しているケースもあるみたいです。
「小難しい本は、疲れるので、漫画もありかな」とか思って、
本屋を覗いてみたら、いろんな漫画があるんですねえ。
「小難しい本読むより、手っ取り早いかなあ」なんて考えてました。
「楽しくなければ歴史じゃない!」な~んてね。
2019年10月10日 09:47
こんにちわ~
シニアカレッジですか
難しい本を読まれるんですね
巨人 vs 阪神、巨人ファンの私にとって
気になります
日本一になって欲しいな(^-^)
2019年10月10日 09:57
巨人、昨夜勝ちましたねえ。
minaさんも巨人ファンなんですか。
久々に日本一になって欲しいんですが。

菅野の調子が、どうですかねえ。
腰痛のせいで、今年は不調ですから。

阪神を撃破したとして、日本シリーズの相手は、西武の方がいいかなあ。
随分と日本一から遠ざかっているので、是非勝って欲しいですね。
2019年10月10日 10:10
私は 野球は それほど 関心はないのですが
巨人は 折角 リーグ優勝したのだから
やっぱり 日本一になってほしいと
思っていますよ。
おしんの 破られた手紙が やっと 龍三さんに
届きました。義姉さん やりましたね!
2019年10月10日 10:21
難しそうな本ですね。
でも先生お薦めなら
学んでみたいですね。
2019年10月10日 11:13
フラバーバさんへ/としさん
フラバーバさんも巨人応援して下さいね。
折角、リーグ優勝したんですからね。
原さんの胴上げを見ましょうよ。

おしんの義姉さん、やりましたねえ。
鬼姑が、破った後で溜めていたんですね。Good-job!
これから竜三が、どうするのか目が離せませんね。
渡瀬恒彦が、出て来ると話がややこしくなるので、ちょっと嫌です。
おかよさんの夫婦仲は、どうなるのか。
これも見逃せません。
2019年10月10日 11:19
シニアカレッジの先生が、いろんな本を推薦してくれます。
年取ると授業は、とんと頭に残りませんが、推薦された本は、なるべく読もうと思っています。面白い本もありますし、小難しい本もあります。
だいたいは、図書館で借りますが、図書館になければ、アマゾンの中古を購入します。アマゾンであまり高価なものは、敬遠して買いません。
今回の本は、ちと小難しくて読み難かったです。★印3個かなあ。