メリー・クリスマス!

sリース1.jpg   sリース2.jpg 
クリスマス・リース
写真は、先日妻が作ったクリスマス・リースです。
妻は、この時期になると、こんなリースを作って上機嫌です。
私自身は、リース作りはしませんが、材料集めの手伝いをします。
材料は、大体において蔓状の植物やら赤い実です。

今年もその時期が来ました。
例年なら車で30分ほどの小高い山に登って材料集めをするのですが、
出足が遅すぎたので、今年はそれを断念。
やや地味なリースにはなりますが、我が家の庭で調達できる材料だけで我慢したようで、ホッとしています。

例年だと、材料としてカラス瓜が必須です。
しかし山へ行っても、誰かが取り尽くしていて、結構苦労するケースもあります。

いつの事だったか、
カラス瓜の赤い実が、なかなか見つからず、えらい苦労したことがありました。
ようやく見つけたけど、5メートルの高さ。
欲しいけど、取れない。
諦めて帰ろうという時に、長い棒切れを見つけました。

カラス瓜は、実だけでなく蔓ごと取らなければいけない。
何度か苦労して棒に絡めて、ようやくゲット!
大変でしたよ。

私が、棒切れで一生懸命にカラス瓜を取っている時。
後で家内のつぶやきが聞こえました。
「猿も、こうやって棒の使い方を覚えたのね・・・」

どうやら私は、やや賢こめの猿の位置づけのようです。


新国立競技場.jpg
新国立競技場
21日に嵐などが、出演して新国立競技場の「こけら落とし」をやっていましたね。
この国立競技場については、いろいろゴタゴタがありましたよねえ。
当初は、英国のザハ・ハディドの案を採用する事になっていましたが、キールアーチとかいう巨大な構造を備えるデザインで、最大3,000億円もかかりそうでした。
こりゃあんまりだろという事で、コンペをし直して今の形になりました。

ゴタゴタしていてオリンピックに間に合うのかと、私なんかも心配しましたよ。
着工後、東京へ行くたびに工事の進み具合を覗きに行ったもんです。

しかし、流石に日本は手堅い。ちゃんと予定通りに仕上げるあたりは感心です。

今回の競技場は、木材を多用しているらしいけど、首里城火災の件もあるから、その点は大丈夫かと心配していたら、強力に圧縮した木材なので、物凄い高温で、長時間燃やそうとしても絶対に燃えないと聞いて一安心。

総工費は、1,560億円というから、まあ当初案からすれば、節約は出来ましたが。
今となってみれば、冷暖房無しというのが、気にはなりますねえ。

それから、まだ見に行ってないけど。聖火台は何処に設置したんだっけ。
等々・・、素人ながらいろいろ心配していますが、とにかくオリンピックを無事に実施できることを願うばかりです。

それから、オリンピックが終わっても有効に使って収益を上げる事。これが大切ですね。
応援してま~す!


アストロズ.png  ヒンチ.jpg
大リーグの野球スタイル
私は、日本のプロ野球は勿論ですが、大リーグにも大いに興味があります。
先日、日本の野球と米国の野球の違いについて、書いた文章を見つけてなるほどと共感しました。
今、MLBで最強と言われるのは、アメリカンリーグ西地区のヒューストン・アストロズです。(大谷君の属するエンゼルスとよく対戦していますね)
このアストロズを率いるのは、A.Jヒンチ監督(45)です。
彼は、今シーズン1度も送りバントを指示していない。
また敬遠の四球を一度も指示していない。
何故なら、送りバントで無駄に1アウトを取られるのは、勿体ない。
また四球で無駄に塁を与えるのは勿体ないという考えです。
日本とは随分と違います。
日本では、併殺や凡打を恐れて、主力であってもバントを命じるのが名監督と言われます。高校野球では、強打者の松井秀喜に対して、1試合に5四球を命じた高校もあったほどです。
要するに、リスクを恐れる日本と常に成功を夢見る米国との違いがそこにあるのです。
米国のこの精神が、グーグル、アマゾン、マイクロソフトなどの花形大企業を産んでおり、減点主義の日本には、なかなか生まれない一因とも言えるのではないでしょうか。
その話で思い出したのが、今年ノーベル賞を受賞した吉野彰さんの言葉です。
「何度も、何度も、何度も失敗していたら、そのうちに成功するんです」
つまり、成功者というのは、何度失敗しても成功するまでやり通した人だ。
失敗を恐れるな。という事だと思います。
京都大学出身者にノーベル賞受賞者が多いのは、そういう自由な気風が京大にあるからなんでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年12月24日 08:44
こんにちは。

今日はクリスマスイブですね。
手作りのリース、いいですね。
うちの嫁さんも作ってましたよ。
楽しいクリスマスをお過ごしください!
2019年12月24日 10:23
コメント有難うございます。
やはりトトパパさんところの奥さんもリース作ってますか。
女性は、リース作りが好きなんですねえ。
お宅のかんくん、とんちゃんは、プレゼントが楽しみでしょう。
トト君、ココロちゃんも、クリスマスケーキのお零れにあずかれるかな。
楽しいクリスマスになりますように。
mina
2019年12月24日 13:28
こんにちわ
メリー・クリスマス♪
クリスマスリース素敵ですね
毎年作られるなんて偉いです
>材料集めの手伝いをします
お二人の合作ですね(^-^)
クリスマスが終わるとあっという間に
お正月ですね。
お孫さん達も帰って来られるんですか?
賑やかが良いですね~
良いお年をお迎えください。
2019年12月24日 16:14
MerryChristmas!
手作りリース素敵です
材料も自然の物なんですね
私はいろいろ買い集めて作ってます
新国立競技場
この目でしっかり見たい建物です
2019年12月24日 16:32
リースは合作と言えば合作ですが、私は作るのをぼ~っと見ているだけです。
今年は、夫婦二人だけなので、クリスマスは簡単に済ませます。
肉料理にワインだけです。
正月は、孫たちの襲来があるので、もう大変。
賑やかなのは嬉しいのですが。
相手をして腰を痛めないようにしなくちゃ。
2019年12月24日 16:36
メリークリスマス!
妻は、毎年リースを作るのを楽しみにしているようです。
町へ出て、クリスマスグッズを、買い集めるのも楽しいでしょうね。
新国立劇場は、早く実際に見てみたいです。
木の香りがとてもいい感じらしいですよ。
2019年12月24日 23:45
としさんが 材料を集められて それを奥様が
リースに 仕上げられる。それは 素敵な 作品
になるのは 当然ですね。
素敵な クリスマスイブを お過ごしのことと
羨ましく思っています。
国立競技場 素晴らしいのが出来ましたね。
オリンピックが 成功するよう 願っています。
2019年12月25日 06:44
おはようございます。なんだかもうクリスマスを迎えてしまいました。
早いです・・・。我が家でも昨日はイヴ、と家族の誕生日のお祝いをしました。
アルコールなしのジュースでした。

奥さまハリースをされるのですね。カラスウリはくなくなりましたね。山に行ってもなかなかみつかりません。私は以前の所が山だったので少しいけば一杯のカラスウリがありました。

こちらは山がないので見ることさえむつかしく、河川公園で見つけても雑草扱いで刈り取られます。だから実はほとんど見ることもありません。

オリンピックも、巨大化してやることなす事が問題だらけですね。私はマラソンのコースの変更のやり取りを見ていただけでいやになりました。
利権、権力、に振り回される国や選手、何のための競技?と思えてなりません。偉そうにふるまう人、何がえらいのか自分の都合をふりかざします。

失敗だらけの人生、わたしもいつか~とは夢の中の夢。いつか幸せになれることを夢みて~がんばります~♫

2019年12月25日 08:52
私自身は、リースは作れないので、材料集めだけ手伝っています。
2年ほど前に孫娘が、綿の種を持ってきたので、裏庭に植えたところ、
真っ白い綿の実が沢山取れました。
小説などでは読んでいましたが、綿の実がこんな風に出来るとは知りませんでした。
この白い実もリースに使っているようです。
国立競技場は、木の香りのする立派なものがで出来ましたね。
機会があれば、是非行ってみたいです。
2019年12月25日 09:02
早いもので、もうクリスマス。過ぎたらすぐお正月ですね。
どんどん歳取ってしまいます。
仏教徒が何故?とは思いつつ、昨夜は肉とワインを頂きました。
オリンピックは、国家を上げての一大事業ですから、いろいろな利権もぶつかるし、次々と問題も起こりますね。とにかく無事に済むまでは安心できません。
しかし、終わった後で、やって良かったあと思えるオリンピックになればいいなと思っています。
失敗を恐れずにというのは、どういう分野でも共通することなんでしょうね。
ま、めげずにやる!というのも、一つの才能なのかも知れないですね。